メルセデスベンツは、コンパクト・クロスオーバーSUV「GLC」のハイパフォーマンスモデルとして、「AMG GLC43 4MATTICクーペ」を発売していますが、シリーズの頂点に立つと思われる「AMG GLC63 S」のプロトタイプをカメラが捉えました。

1

フロントグリルやバンパーはカモフラージュされていますが、「GT R」の血を引く「AMG パナメリカーナグリル」を装着し、「GLC43」と差別化を図るとも噂されています。

その他、大径アロイホイール、大型ブレーキディスク、クワッドエキゾーストパイプなどのAMGパーツが目を引き、サスペンションなどには「63」専用チューンが施されると思われます。

パワートレインには新開発の4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最高馬力は476psを発揮、トップモデルの「S」は510psを叩き出します。

ワールドプレミアは2017年3月が予想されています。

(APOLLO)

メルセデス・GLCに最強モデルが追加。510馬力のAMG63「S」登場へ!(http://clicccar.com/2017/01/02/430706/)