2日、韓国・東亜日報によると、北朝鮮の金正恩労働党委員長は、1日の新年の辞で、大陸間弾道ミサイル発射実験の準備が最終段階に達したことを誇示した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

写真拡大

2017年1月2日、韓国・東亜日報によると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は、1日の新年の辞で「大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験の準備が最終段階に達したことをはじめ、多くの国防力強化事業が達成できた」とし、核・ミサイル能力の高度化を誇示した。

金委員長の1月8日の誕生日やドナルド・トランプ米政権の発足日となる1月20日を前に、ICBM発射実験の能力を誇示したことから、3月に行われる米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」をきっかけに、核実験を行うとの観測が出ている。金委員長の発言を受け、米国務省は1日(現地時間)、「すべてのチャネルと手段を動員して、不法行為には対価が伴うということを示す」と警告した。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「こんなことをしていたら、トランプ政権になったら何が起こるか分からないぞ」
「米国は口だけじゃない。必ず実行に移す」
「でも、米国に牙をむく唯一の国とも言える」

「従北のやつらは、このような状況を見てどう思っているのだろう」
「先制攻撃ができる万全の体制を整えなければならない」
「いっそのこと、日米の顔色を見るのはやめて、南北統一して核保有国になった方が良いのではないか」
「北朝鮮は弾道ミサイル開発を進めている中、韓国では『注射おばさん』(朴槿恵大統領に無資格で医療行為を行った疑惑がもたれている)が話題になっている」

「国民を扇動するのに、キャンドル集会(朴槿恵大統領即時退陣を求める集会)を利用した姑息な方法よりも、金正恩の方が正直かもな」
「内容はともかく、韓国の政治家も、金正恩みたいに分かりやすい話をしろ」
「もしかしてリーダーとしてみたら、朴槿恵より金正恩の方が優れてたりして」(翻訳・編集/三田)