『スパイダーマン:ホームカミング』に出演するアンガーリー・ライス (c)Imagecollect.

写真拡大

数多くの大作の公開が楽しみな2017年。その中でも今年ブレイクしそうなティーン女優をピックアップ!美少女である上に、実力も見込まれている3人に注目しよう。

アンガーリー・ライス
アンガーリーはオーストラリア出身の16歳。透き通るような肌にブロンドの髪で、お姫様のような上品さを醸し出す。2013年にオーストラリアで映画デビューし、2016年にはコメディ映画『ナイスガイズ!』(2017年2月18日日本公開)でライアン・ゴズリングの娘を演じて注目を浴びた。そして2017年には『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年8月11日日本公開)に出演予定。役柄の詳細は明らかにされていないが、世界的に有名な作品への出演は彼女の知名度を一気に上げることになるだろう。

イザベラ・モナー
アメリカ人女優のイザベラは、ペルーの血が入った、目力のある15歳。10歳の時にブロードウェイデビューを果たし、2014年からはコメディドラマ「100 オトナになったらできないこと」に主演している。彼女が2017年注目の一人であるのは、『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017年夏日本公開)のヒロインだから。初の大作映画でイザベラがどんな活躍を見せてくれるか、世界が注目している。

アウリィ・クラヴァーリョ
ハワイ出身のアウリィは、何百人もの中からディズニー・アニメーション映画『モアナと伝説の海』(2017年3月10日日本公開)のヒロインに選ばれた16歳。長い髪が美しく、笑顔もかわいらしい。さらに、映画の中で披露する歌唱力はまさにディズニー・プリンセス。同作は先に公開されたアメリカで興行収入初登場1位を獲得しているので、日本でもヒットはまちがいないだろう。

2017年、日本でも一気に人気が出そうな美少女ティーンたち。それぞれの注目作でどんな演技を見せてくれるだろうか。