脳は表面を三つの膜の層で覆われており、下から軟膜、くも膜、硬膜と呼ぶ。このくも膜の下で軟膜の上にある「くも膜腔」には、血管と神経が張り巡らされている。その様子が、まるでクモの巣のように細かい繊維でできた網の目になっていることから、くも膜と呼ばれる。
 その、くも膜の下の動脈が破れて出血した場合、自覚症状としてバットで頭を殴られたような激痛や嘔吐、さらには痙攣が起き、首筋が硬くなる頚部硬直などが起きる。くも膜下出血の特有の症状のため、頭に入れておこう。
 「くも膜下出血は症状も重く、発症後の死亡率は40%と非常に高い。理由は不明なのですが、脳卒中の中で女性の発病者が男性より多いのも特徴で、逆に脳梗塞の場合は男性の方が女性の2倍近く多い。日本とフィンランドに、くも膜下出血患者が多いという奇妙な現象もありますが、これついても、まだ十分な解明ができていません」(同)

 脳梗塞は、手足の痺れや脱力感、言葉のもつれなどの症状が最初に見られる。
 「顔面麻痺や唇の片側がうまく動かず、注意していても、よだれを垂らし、食べ物を不用意にこぼすことがあります。また、まさしく脳梗塞のサインとしては、足の片方が突っかかる感じになる。脳梗塞は、大別すると脳の血管に血栓ができる脳血栓と、心臓にできた血栓が脳血管に詰まる脳梗塞に分けられます。後者の場合、ほとんどは脳血栓で動脈硬化が進んだ結果、発症すると言われています」(前出・医療関係者)
 したがって、動脈硬化を起こす危険因子を取り除けば、脳血栓の予防ができ、脳梗塞の予防につながるというわけだ。

 動脈硬化の主因は、(1)加齢、(2)高血圧、(3)コレステロール、(4)糖尿病、(5)喫煙がある。この5大危険因子に注意を払うのは当然だが、医療専門家は「生活習慣病をなくす努力をすれば、予防につなげることは可能だ」とも言う。
 つまり、(1)の加齢を除けば、食べ過ぎや酒の飲み過ぎ、運動不足、そして喫煙といった長年の生活習慣の積み重ねが最も怖いのだ。

 別な専門家はこう語る。
 「脳梗塞を防ぐには、コレステロールでも善玉(HDLコレステロール)を多く摂ること。それが動脈硬化を防いでくれるからです。肉やバターなどの動物性脂肪の多い食事は、悪玉(LDLコレステロール)が多い。その摂取を減らし、善玉を増やす作用のある植物性脂肪を上手に摂るようにしたいものです」

 健康な身体は、一時の努力では作られない。冬に脳の病の危険が高まることを肝に銘じ、これを機会に生活を前向きに改める努力をしよう。