2日放送の「有吉くんの正直さんぽ 新春さんぽ始めin別府」(フジテレビ系)で、フジテレビの生野陽子アナウンサーが、番組プロデューサーからロケ中に怒られたと明かした。

番組では「正直さんぽ」の正月スペシャルとして、大分県の名物を巡っていた。そして最後は、政治家も通うふぐ料理専門店「良の家」を訪れていた。

ここで有吉弘行や生野アナは、ふぐ刺しや焼きふぐがテーブルに並ぶと大興奮。収録中であるにも関わらず、自分の携帯電話で料理の撮影を始めたのだ。さらに、店員から飲み物の追加注文を聞かれると、生野アナは正月を理由に「何かいいやつを開けちゃいましょうよ!」と提案する。有吉は、この悪ノリする生野アナの言葉を受け、スタッフに確認しつつ高価なドンペリを注文したのだった。

そして、全員でドンペリと焼きふぐに舌鼓を打っていると、有吉が生野アナに「さっきプロデューサーに怒られてたよね。『ちゃんとやれ!』って」と暴露する。これに生野アナは「怒られました」と認め、「『もっとアナウンサーらしくしろ』って」と、言動を注意されたことを明かしたのだ。

だが生野アナは、この注意を気にすることなくその後も料理を堪能し続け、「(カメラを)早く止めて欲しい」と本音を吐露。これに有吉は「言っちゃったよ!」と大笑いしたのだった。

【関連記事】
井森美幸 生野陽子アナの自由過ぎる言動に本音「アナウンサーとは思えない」
勝俣州和が生野陽子アナへの本音を爆発「たいした主婦でもないくせに」
有吉弘行 冠番組の倹約ぶりにマジな不満を漏らす