ソ・イングク、ミントカラーに染めた髪で熱唱…大晦日の単独コンサートが大盛況

写真拡大

ソ・イングクが3年ぶりに開催した単独コンサートを盛況のうちに終えた。

12月31日夜10時、ソウル広津(クァンジン) 区YES24ライブホールで開催されたソ・イングクの単独コンサート「MINT CHOCOLATE」が、大晦日の夜と元旦を熱く盛り上げて観客を魅了した。

公演名通りに髪をミントカラーに染めた大胆な姿で登場したソ・イングクは、新曲「BeBe」で幕を開けた。28日に音源を発売したばかりであり、ライブでは初披露ということで1曲目から会場を盛り上げた。その後、「押して引いて(Tease Me)」を歌い上げたソ・イングクは「昨日は優秀演技者の俳優で、今日は『MINT CHOCOLATE』のステージの主人公である歌手ソ・イングクです」と言い、コンサート前日に開催された「2016 MBC演技大賞」で優秀賞を受賞したことを挨拶の題材にするウィットを披露した。

セクシーな雰囲気の曲「Bad」「Broken」まで熱唱したソ・イングクは公演名である「MINT CHOCOLATE」に相応しい甘いステージも用意した。「Love U」を歌ったソ・イングクは観客にミントチョコレートとぬいぐるみをプレゼントし、ロマンチックなステージを完成させた。

同日の公演のハイライトは、ソ・イングクが出演したドラマのOST(劇中歌) メドレーだった。歌を始める前に、ソ・イングクは「俳優になれるかと思っていた時があった。僕を愛し、信じてくれた方々がいたので演技を始めることができ、受賞の栄光も手にした」と話し、演技デビュー作であるKBS 2TVドラマ「ラブレイン」のOST「運命」を紹介した。そしてtvN「ナイショの恋していいですか!?」の「帰ってくる道(Finding myself)」、SBS「主君の太陽」の「恐れもなく(No matter what)」、tvN「応答せよ1997」の「Memories」そして最新作であるMBC「ショッピング王ルイ」の「火取蛾(The Tiger Moth)」まで歌い上げた。“信頼できる俳優”であり、ヒット歌手であるソ・イングクの長所が十分発揮されたステージだった。

サプライズのゲストも登場し、ソ・イングクの単独コンサートをともに祝った。最近ソ・イングクとコラボレーション曲「OMG」を披露したDouble K、ソ・イングクの未公開曲を手掛けた歌手40が参加し、会場を盛り上げた。2曲ともライブでは初披露であり、ソ・イングクの公演に見所を加えて視線を集中させた。

2016年最後の夜に開催されたコンサートであっただけに、新年を迎えるカウントダウンも行われた。ファンとともに新年を迎えたソ・イングクは2017年の1曲目として「君のために生きていけない(I Can't Live Because Of You)」を熱唱した。公演の後半ではソ・イングクの単独コンサートを祝うスターたちの映像が流れた。パク・ボゴムは「作品で再会したい兄さん」と祝い、チャン・ナラは「淡白で真実な子」と評価した。マ・ドンソクとオ・デファンは「素敵な俳優、歌手であり、人の匂いがする素晴らしい人」と伝え、SUPER JUNIORのキュヒョンは「温かい人、大切な友人」と絶賛した。俳優チ・チャンウク、歌手2BiCの挨拶もステージを輝かせた。