寝正月はもったいない! 日本の春夏秋冬をモチーフにした『和のぬり絵ブック』で心穏やかに新年を迎えよう♪ 四季折々の草花や伝統文様が華やかです

写真拡大

お正月、ひたすらゴロゴロするのもいいけれど、心静かにぬり絵をするのもいいんじゃないかしら?

これまでにも、さまざまなテイストの『ぬり絵ブック』を発売してきたパイ・インターナショナルから、またまたステキな1冊が登場します。

今度は、日本の春夏秋冬をモチーフにした『和のぬり絵ブック』だよ!

【和のモチーフが美しい!】

発売中の『春夏秋冬 和のぬり絵ブック』(パイ インターナショナル刊 1200円+税)。春は桜、夏は菖蒲、秋は紅葉、冬は椿など、四季折々の草花や風景をたくさん掲載した和テイストのぬり絵ブックです。

扇や手まり、着物、折り鶴などの和のモチーフ、青海波・麻の葉・七宝などの伝統文様がたくさん掲載されていて、美しくて華やかな紙面になっているみたい。

【冬だけど気分は春?】

うららかな桜の季節を想像しながら、春の風景を仕上げる……なんていう、情緒溢れるぬり絵タイムを楽しめます。日本の伝統色を使って手まりを塗ったり、一つひとつ丁寧に伝統文様を塗ったりというのも充実感がありそうです。

数年前から大人のぬり絵がブームになっているけれど、なかなかまとまった時間がなくて手を出せないというオトメもいるハズ。冬休みにチャレンジしてみると、案外ハマっちゃうかもしれませんネ♪

参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る