ドン小西が「しくじり先生」で“ドン底”まで落ちた過去を告白/(C)テレビ朝日

写真拡大

1月23日(月)夜7時から放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(テレビ朝日系)に、ファッションデザイナーのドン小西が出演。“自分が絶対正しい!という考えで15億円の借金抱えちゃった先生”として授業を行う。

【写真を見る】生徒たちが持つ、ドン小西デザインのオシャレ教科書も要チェック/(C)テレビ朝日

ファッション評論家として、ワイドショーなどで活躍しているドン小西。独特の色使いからなる作風から、かつては“色の魔術師”と呼ばれ、日本を代表するファッションデザイナーとして世界に名をはせていた。

しかし、ドン小西は“自分のセンスは絶対に正しい!”という過剰な思い込みが原因で、一時期60億円にも上った資産が消滅。借金15億円を抱えるというどん底にまで落ちてしまう。

さらに、当時自身が持っていたファッションブランドだけでなく、実家も売却。精神的にもうつ状態となった上、妻とも離婚して現在は孤独な一人暮らしを送っていると告白する。

教壇に上がるドン小西は自身の半生をひもときながら、“自分は絶対に正しい”と思い込む人間はどのようにして出来上がるのか、そのメカニズムを紹介。

また、自分を過信するあまりに周囲を虐げる人間がどういった末路をたどるのか、その悲劇の歩みを自身の体験を基に赤裸々に語る。そして、この“勘違い人生”を経験して得た人生の教訓を生徒たちに伝える。

今回、授業ではドン小西デザインによりよりファッショナブルに変貌を遂げた教科書を採用。普段と比べ、より華やかな生徒たちの手元にも注目して見ては?