コ・ソヨン&チョ・ヨジョン、ドラマ「完璧な妻」に出演決定!韓国で2月放送

写真拡大

女優コ・ソヨンとチョ・ヨジョンが「完璧な妻」を通じて危機に瀕した主婦と問題のある主婦を演じる。

KBS 2TV月火ドラマ「完璧な妻」(脚本:ユンギョン、演出:ホン・ソクク、制作:KBSメディア) 側は「主婦シム・ジェボクとイ・ウニ役にそれぞれコ・ソヨンとチョ・ヨジョンの出演が決まった」と正式に発表した。

「完璧な妻」はお金もなく、愛(セックス) もなく、名前とは正反対に福もない“3無”の追い詰められた人生に真っ向勝負を宣言した韓国の普通の主婦シム・ジェボクのウーマンパワーを描く熱い“ジュンマミコ(おばさん+ミステリー+コメディ)ドラマで人生の閉塞感を解消してくれる、信頼して見られるドラマとしてブームを巻き起こそうとする2017年新年KBSの野心作だ。

まず女優コ・ソヨンは「完璧な妻」を通じて10年ぶりに女優復帰を宣言し、関心が高まっている。彼女が演じるシム・ジェボクは子供と夫と平凡な人生を生きるため心にもないお世辞も言えるこの時代の普通の主婦だ。もう落ち着くだろうかと思ったが、予想も出来なかった人生最大の危機に瀕し、土の道と花道の別れ目で真っ向勝負を宣言した彼女の熱いアドベンチャーが始まる。

コ・ソヨンは10年間妻と母として築いてきた主婦経験のノウハウを積極的にドラマに活かすと意気込んでいる。気さくで率直でストレートな性格はシム・ジェボクのキャラクターとシンクロ率が高いと期待される。

一方、シム・ジェボクをミステリアスな危機に導く問題の主婦イ・ウニ役はチョ・ヨジョンが演じる。顔からスタイル、財力まで全部持っており、家事は全くしたことのないように見える主婦だ。しかも借家人のシム・ジェボクのため無料で家を改造してくれるなど、借家人の事情に合わせてくれる世の中で一番優しい家主だ。

3月、KBS 4部作ドラマ「ベビーシッター」で優れた演技を披露し「再評価した」と賛辞を受け、31日に開かれたKBS演技大賞で連作単幕劇賞を受賞したチョ・ヨジョン。もう一度平凡なおばさんシム・ジェボクにドラマのようなどんでん返しを与える緊張感あふれるミステリーの中心に立った。

制作陣はまず「コ・ソヨンが10年ぶりの復帰であるだけにしっかりとした覚悟を見せている。妻と母としての経験を作品にまともに反映すると期待している」とし「信頼して見るチョ・ヨジョンと出会い、激しい演技対決を繰り広げると期待している」と付け加えた。

続けて「『完璧な妻』は女性と妻の意味を改めて考えるドラマで、さらに欲望や愛、結婚が何か考えさせるストーリーを描いている。率直で大胆なジェボクの人生の物語で笑いから胸がジーンとする共感、目を離すことができないミステリーまで一気に届ける『完璧な妻』にたくさん期待してほしい」と呼びかけた。

「完璧な妻」は「勉強の神」「ブレイン」「お願い、ママ」などを書いたユン・ギョンア脚本家と「メリは外泊中」「がんばれ、ミスターキム!」「ゴールデンクロス」などを演出したホン・ソクグ監督が意気投合した作品だ。「花郎」の後番組として韓国で2017年2月に放送される予定だ。