土屋太鳳がヒロインを演じる『トリガール!』/[c]2017「トリガール!」製作委員会

写真拡大

2017年の干支は酉(トリ)。じつは映画界にも“トリ”にまつわる話題作が続々と公開が予定されてる!?そんな“トリエイガ”を紹介しよう。

【写真を見る】『スパイダーマン:ホームカミング』のヴィランは鳥人間ヴァルチャー/[c]Marvel Studios 2016. [c]2016 CTMG. All Rights Reserved.

まず、タイトルからして“トリ”なのが『トリガール!』(9月公開)。毎年夏に行われる「鳥人間コンテスト」に挑む大学の人力飛行サークルのメンバーたちの青春を描く物語だ。人気コミックを映画化するものだが、キャストは土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザと2016年に話題を集めた若手俳優たちが勢ぞろい。彼らが人力飛行機で大空を舞う姿に注目だ。

あのスーパーヒーローの最新作にも“トリ”にまつわるキャラクターが登場する!『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16)でスパイダーマンを演じたトム・ホランドが主演を務める新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日公開)。今回の敵がヴァルチャーという鳥をモチーフにしたキャラクターなのだ。しかも演じるのが、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)でもかつてヒーロー(バードマン)だった主人公を演じたマイケル・キートンというのが何か運命的なものを感じさせる。

人気シリーズの「ポケモン」にもトリのキャラクターが登場する。シリーズ20作目となる『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』(7月15日公開)で物語のカギを握るのが、ポスタービジュアルにもある伝説のポケモン・ホウオウ。その詳細は発表されていないが、その大きな翼で大空を舞う姿が容易に想像できる。

さらに、あの映画監督の作品にもトリが登場しそう…!?福山雅治が敏腕警部を演じる『MANHUNT 追捕』(2017年以降公開)のメガホンをとるのは巨匠ジョン・ウー。物語にはいっさい関係しないものの、ジョン・ウー作品には劇中でハトが飛ぶシーンが必ず登場することは映画ファンの間で有名だが、『MANHUNT 追捕』の公式サイトには福山ではなく、ハトがいる(!)というのがなんともユニークだ。

ちょっと出遅れてしまったかのように2016年の干支である申(サル)が活躍する話題作、『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』や『キングコング:髑髏島の巨神』(3月25日公開)も楽しみだが、まずは今年見るべき、縁起の良さそうなトリエイガに注目してみては?【トライワークス】