何に対しても積極的なほうがいい?

写真拡大

50代以上の性行為の有無が、認知機能の高さと関係している――英コベントリー大学のヘイリー・ライト博士とレベッカ・ジェンクス氏によって、興味深い研究結果が発表された。

研究は、2002年から英国で実施されている、加齢による健康状態の変化を長期間追跡した「English Longitudinal Study of Ageing」から、50〜89歳の男女6833人のデータを解析するというもの。

被験者らはまず、「(アンケート実施時から)過去12か月以内になんらかの性行為を実施したか」というアンケートに回答。ここでの「性行為」の定義はセックスに限定されず、マスターベーションなども含んでいるという。

その後、10単語を記憶してから1分間ですべて書き出す10単語想起テストと、数列の欠けている数字を回答する数列識別テストを受け、そのスコアとアンケートの回答内容の関係を分析している。

一般的に単語テストは記憶能力の評価、数列テストは実行能力の評価に用いられる。その結果、「性行為を実施した」と回答した男性は、単語テストでも数列テストでも高スコアを出しており、女性では単語テストのみ高スコアとなっていた。

年齢、教育、経済状況、疾患の有無、健康状態など、テスト結果に影響を与える可能性のある要素をすべて調整しても、結果に変化はなかったという。今回の研究は性行為と認知機能の関係を示すもので、因果関係などは不明。

ライト博士も、認知機能が低下すると性行為をしなくなる可能性もあるとしつつ、「性行為の際に脳内で分泌されるホルモンが、認知機能にも影響しているのではないか」とコメントしている。

発表は、オックスフォード大学出版局から発行される老年医学分野誌「Age and Ageing」2016年5月号(Volume 45 Issue 2)に掲載された。

参考論文
Sex on the brain! Associations between sexual activity and cognitive function in older age.
DOI: 10.1093/ageing/afv197 PMID:26826237

医師・専門家が監修「Aging Style」