お正月といえば、初詣。大好きな人と一緒に迎える新年には欠かせない“大切な日”ですよね。

「でも、まだ二人で行く約束をしていない……」

そこで今回は、恋人はもちろん! ずっと気になっているカレに「初詣デートに誘ってもらう方法」をご紹介します。

 

■「お正月は何して過ごしているの?」

「元旦が過ぎてちょうど暇しているときに、彼女から“何しているの?”って連絡が来て、コレといった予定もないから、初詣に行く約束をした」(33歳/保険)

「仕事がギリギリまであって帰省しない年は、ゴロゴロしていることが多い。だから“○日空いている?”ってお誘いが来ると、喜んでオッケーしちゃう」(29歳/広告)

元旦は家族の予定がある場合が多いので、「何しているの?」「暇だね」と連絡を取り合うのは2日以降がベスト! 男性から「家でゴロゴロしている」「テレビを観ている」なんて返答があったら、「私も同じ。まだ初詣にも行ってない」と伝えてみましょう。意外とすんなりデートの誘い文句が返ってくるはずです。

 

■「○○神社って行ったことある?」

「体調不良に悩まされる年だったから、健康にご利益のある神社を教えてもらったときは、思わず“どこにあるの?”“連れていって!”ってお願いした」(27歳/IT)

「気になる女性に“家族にお札を頼まれたんだけど、一緒に来てくれない?”ってお願いされたら、断れないよ」(29歳/建築)

初詣に行く習慣のない男性を神社やお寺に誘いだすには、何か特別な理由を用意する必要があります。

たとえば「友達のためにお守りを買いたい」「家族にお札を頼まれた」など、「付き合ってほしい」とお願いするのもあり。男性の体を気遣って無病息災にご利益のある寺社を選んだり、縁結びのご利益があるパワースポットをこっそりリサーチしたりして、「○○行ったことある?」と聞いてみるのも効果的です。

 

■「おみくじ引いて、運試ししてみない?」

「あけおめLINEしていたら、“今年の運試しをしよう”って盛り上がって、おみくじを引きに行く約束をしたことがある」(22歳/学生)

「大人になってもおみくじって何か夢があるよね。ノリよく誘われると、思わずいいよって返事をしちゃう」(30歳/公務員)

初詣といえば、やっぱりおみくじ! 一年の運試しをするにはぴったりのイベントですよね。

あなたの気になるカレがノリのよいタイプなら、「どっちの運勢がいいか賭けよう」「よかった方が、夕飯おごりね」なんて話を持ちかけてみましょう。楽しいことが大好きな男性なら、きっとオッケーしてくれるはずです。

 

■「○○くんと一緒に行きたい」

「遠回しに誘われるより、ストレートに“一緒に行こう!”って言われた方が嬉しい」(28歳/医療関係)

「面倒なことを考えないで、“○○さんと一緒に行きたい”“一緒に来てくれませんか?”って誘ってくれればいのに」(36歳/法律)

ここまで、さまざまな誘い文句をご紹介してきましたが、やっぱり真面目な男性を初詣に誘いだすには、ストレートなお誘いが1番。

「○○くんと一緒に行きたい」と素直な気持ちをぶつけてみましょう。「いいよ」の返事が返ってきたら、あなたの想いに応えようとしているサイン。交際まであと少しだと思って間違いありませんよ。

 

好きな人を特別なデートに誘う瞬間には、緊張と不安がつきもの。でも、あなたが一歩踏み出さなければ、何も始まりません。今回ご紹介した4つのポイントを参考に、勇気を振り絞ってメッセージを送ってみてはいかがですか?

このドキドキを乗り越えれば、最高の“幸せ”が二人を包み込んでくれるはずです。

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【画像】

※ zak/PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

※ あの子となら。男性が「本命彼女」とだけしたいデートプラン3つ

※ いよいよ結婚。男が「プロポーズ」を決意するきっかけ3選

※ 二人のキョリを縮める。男性が「イチャイチャしたい!」と思う瞬間4つ

※ いつもと違う匂いがする…「彼氏が浮気しているかも」と感じる瞬間4つ

※ もう1回言って!男を舞い上がらせるエッチ中の誉め言葉3つ