4月29日公開! (C)沙村広明/講談社
(C)2017映画「無限の住人」製作委員会

写真拡大

 木村拓哉が主演した時代劇映画「無限の住人」で、戸田恵梨香演じる女剣士・乙橘槇絵の劇中カットが、このほどお披露目された。戸田が、新年にふさわしい豪華けんらんな花魁衣装に身を包む様子を見ることができる。

 圧倒的な画力と斬新な殺陣描写で人気を博した、沙村広明氏による同名漫画が原作。不老不死の肉体を持つ隻眼の剣士・万次(木村)が、剣客集団「逸刀流」に両親を殺された凜(杉咲花)に仇討ちを依頼され、用心棒として復しゅうの戦いに身を投じる姿を、壮絶なアクションを交えて描いた。

 アクション初挑戦の戸田が扮した槇絵は、逸刀流の統主・天津影久(福士蒼汰)に比肩する剣の実力を持ち、万次を徹底的に追い詰める役どころ。特報映像などで見せた軽やかな身のこなしや、紫色の着物からのぞく美脚がファンの心を掴んでおり、ネット上では「戸田恵梨香がセクシーすぎる!!」「無限の住人は戸田恵梨香の脚を堪能できる名作と判明」など絶賛評が相次いだ。

 一方で槇絵は、思いを寄せる天津に人生を捧げ、一流の剣士でありながら普段は遊女として暮らすという、いじらしい一面も持っている。戸田は、役作りの秘けつを「原作に“舞”と書いてあったので、いかに舞うかを大切にやってきました。彼女は腕が立つ。逸刀流の中で1番強い。ただ、同時に彼女には悲しみと、ずっと抱えていた苦しみがあって、そこは誰よりも弱いのかもしれません。彼女のかよわさ、はかなさが体現できればなと思ってやっています」と明かす。“思いを寄せられる側”の福士は、「(戸田は)槇絵にピッタリです」と最敬礼だ。

 「無限の住人」は三池崇史監督がメガホンをとり、市原隼人、戸田恵梨香、北村一輝、栗山千明、市川海老蔵、満島真之介、金子賢、山本陽子、田中泯、山崎努らが共演。2017年4月29日から全国公開される。