これが鉄板! 女子がキュンとする男性の「初詣デートファッション」4つ

写真拡大

初詣デート、どんなファッションで行くか迷いますよね。極寒のなかを長時間過ごすと思うと防寒も大事だし、かといっておしゃれを無視するほどの厚着はできないし、彼とのバランスもあるし……。ということで、初詣デートは彼にどんなファッションで来てほしいのか、働く女性たちに聞いてみました。

■あったかいけどシュッとしてほしい

・「暖かくしつつ、シュッとしたスタイル」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「たくさん着込んで、太って見えるのは嫌だ。」(26歳/その他/その他)

・「暖かくて着膨れしない服。アウターはダウン以外がいい。」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

今にも風邪をひきそうな寒そうな服はNGだけれど、重ね着しすぎてパンパンに見えるファッションも嫌というホンネがちらほら。神社に初詣ということを考えると、多少なりともよそ行きスタイルを意識してほしいところなのかもしれません。

■着物

・「できれば着物。着物デートに憧れるから。ただ美容室などで着付けしたりデート自体よりも、準備のほうがお金かかりそう。」(38歳/その他/販売職・サービス系)

・「和服がいい。写真をとりたいから」(37歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「理想は2人で着物をきて初詣したらステキ」(31歳/情報・IT/その他)

初詣は日本人らしく和服でしたい、という声もありました。めったに着る機会のない着物だからこそ、お正月ぐらいはという気持ちもわかります。自分だけでなく彼と二人で着物だと、余計にうれしいかもしれませんね。

■とにかく防寒重視でOK

・「派手じゃなくてもいいので寒くないように、暖かい格好できてほしいです。」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「防寒をしっかりして、寒かったらなにかを着せてくれるくらい防寒をしてきてほしい。」(23歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「風邪をひいてほしくないので、あったかい格好で。セーターとかを着ていてくれればいいかな、と。」(25歳/その他/その他)

「とにかく寒いので風邪をひかないようにしてほしい」という優しいコメントも。いくらおしゃれにキメていても、一緒に並んでいる最中にガタガタ震えられたら確かに気が気じゃないかも。気を遣って「マフラー貸そうか」なんて言いたくないですもんね。

■そのほか

・「セーターなど暖かそうな服がいいが、見失わないように明るい色の服がいい。」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ジャケットなどいつもと違うキレイ目な格好。」(39歳/商社・卸/事務系専門職)

・「あんまり派手じゃないさりげないペアルック。」(24歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

冬は黒や茶色など比較的地味めな色合いのファッションが多そうですから、人混みで万一はぐれても見つけやすい色を着てくるというのも確かにアリかも。帽子や小物だけペアとか、二人にしかわからないくらいのペアルックを楽しむのも良さそうですね。

■まとめ

初詣だからといってかしこまる必要はなく、いつもと同じような普段着で暖かい格好ならOKという声が多数でした。ただ、着膨れは勘弁という声も一定数みられたので、「初詣だし、デートだし、防寒しつつもある程度はオシャレにね」というのが女子のホンネなのかも。もし彼のファッションセンスが心配だったら、さりげなく事前にヒヤリングしておくのも良いかもしれません。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳〜39歳の働く女性)

(フォルサ/錦織寿恵)