2015年11月1日〜2016年10月31日までに日本で発売された55台の中から、最も欲しい、優れているクルマを選ぶクリッカー・オブ・ザ・イヤー(CCOTY)

10点を入れたクルマについて各選考委員が覆面で語る座談会リポートの第3弾です。

1

司会(以下司):国産車ではダイハツ・ムーヴキャンバスも10点を獲得しました。これはどうでしょうか。

C:試乗会でミニカーを貰ったから10点…というのは冗談ですけど、ダイハツのキレっキレっのマーケティングの凄さを知りました。スライドドア世代と言われる現在の30代向けのクルマ。従来スライドドアというとファミリー向けのクルマというイメージでしたが、個人ユースのスライドドアとしての初めてのモデル。ムーヴより約100kg車両重量が重いのがネックですけど、もしかしたら、フォロワーが後追いするかもしれない可能性を秘めたスライドドア唯一のパーソナルカーです。

F:リアシートに荷物を乗せやすいかを考慮したスライドドアが特徴です。

C:そうです。後ろに人を乗せない前提のスライドドアですから。リアドアの使いやすさが問われている。もしかすると、今後のクルマ選びが大きく変わる可能性を秘めていると思います。従来はリアからの荷物の出し入れのしやすさが評価ポイントでした。しかし、スライドドアの開口部の幅が評価され、荷物の積み方が変わることで、今後評価のポイントが変わる可能性があります。ほかにこんなクルマはなかったので、10点を入れました。

B:女子向けというのがもったいない。

D:プレゼンでターゲットを聞いたときに、そんな人いるのかなと思っていたら、街で実際に会ったときに驚いた。本当にいるのだなと。

C:さすが初速で6000台超え。

A:このスライドドアで順調なセールスが続くなら、ピラーレスとか必要がない。でも、郊外で高い速度レンジで走るとパワーがないのでキツイです。

C:もう少し普通に走って欲しい。タントと同じファイナルにしている努力はしているけど。

A:まぁターボが出るのも時間の問題でしょう。

C:そうでしょうね。しばらくはNAだけで行って、落ち着いた頃にターボ追加。ムーヴだけでなく、トールとか今年登場したダイハツ車はマーケティングの細やかな調査の結果が出ていると思うのですよ。クルマ云々ではなく、ダイハツのマーケティングに10点です。

司:ちょうど名前が出たので、トヨタ・ルーミー/タンク、ダイハツ・トール、スバル・ジャスティーはどうでしょう。

C:初速で3万5000台売れたのはスゴイことなので、点数を入れました。そして、ここまでマーケットがあったことに驚きました。スズキ・ソリオ、三菱・D:2が細々とやっていた市場なのに、何が減ったのでしょうか。

B:上がなくなったのでしょう。

E:これ一年後売れているのですかね。

C:それはわからないです。軽自動車ベースではないですが、軽自動車の延長線上にある登録車として初の成功モデル。チープな作り方が確立されれば何かが変わる。これまで、軽自動車ベースで登録車を作ればいいよと言われてきたが、成功した例がない。クルマとしては成功しているけど、ビジネス的には成功したクルマはなかった。でもこのルーミー/タンク、トール、ジャスティは今の所成功している。これが継続したら凄いことになる。

B:トヨタの販売力があって、あれくらいのサイズのクルマで男の子が乗ると考えると結構順調なセールスは結構続きそう。かつてのホンダS-MX、トヨタbBの後継車ですし、ちゃんと男の子向け、女の子向けも作っているのは隙がない。

C:従来だと「これは軽じゃないです」という売り方をしていたけど、今回はビジネスや会社の立ち位置もあると思うけど、軽自動車の技術を前面に出しているので、軽自動車はイヤだからパッソ買うという人はいたのだけど、軽の技術を使った登録車にアレルギーがない人がいるというマーケットがあるとすれば、ヒットしそう。

A:走りはダイハツの軽自動車そのもの、びっくりするぐらい馴染み深い走り。

C:軽自動車は今170万台まで落ちていますけど、一時期は4割ぐらい占めていた。それだから軽自動車にアレルギーをもっている人が少なくなっていて、これくらいでいいよというユーザーが多いという証明だとおもいます。このクルマのヒットは、今後のこのクラスの指標となると思います。

司:ストロングハイブリッドを追加したスズキ・ソリオと比べてみてどうでしょう。

B:ソリオハイブリッドは媒体しか試乗会に呼ばれてないから乗ってない。

A:ソリオのストロングハイブリッドってミッションがAGSしかないですけど、AGSをどう評価するかに尽きると思います。AGSの好き嫌いで分かれると思います。それくらいAGSのクセが目立ちます。AGSのネガな部分はモーターのアシストでだいぶ消されていますので、ガソリン車のAGSと比べると変速のタイムラグが少ない感じがする。ルーミーに比べると、クルマを運転している感覚があり、運転する楽しさがある。

B:でも、クルマ好きには受け入れられづらい。運転して楽しいとか入れてしまうと評価は下がってしまいます。

C:クルマ好きが云々言うクルマではないです。それを覆すだけの数字がある。

B:それも一つの性能ですから。

C:決して安いから売れているわけでない。

A:自転車を積むなら、開口部の低いルーミーのほうがいい。でも低すぎると、普段の荷物が積みづらい。

C:しかしなぜ、ステレオカメラ持っているのに赤外線レーダーも採用したのでしょうね。タントでも使っているのに…

B:ベストオブレンタカーです。つまり赤外線のコストを下げるためです。

C:とはいえ、カメラを使わないと人を探知できない、と。それにしても、3万5000台は凄い数字。あそこにマーケットがあったのかと驚いてます。

B:時期もいいよね、就職とかで買ってあげるとか。

A:トヨタ店の従来のユーザーの娘、息子向けこれを売るのかと驚いた。

C:正直言って、これで3万5000台売れたのは驚き。こんなペナペナなドアで良いんだということが証明された。さらに雨の日に自転車を乗せるためのビニールのカバーMを設定。これもマーケティングの勝利。雨の日に塾などへ行った子供を迎えに行くのです。

E:運転するこだわりがない人がパッソ、ブーンを選び、広さが欲しい人がルーミーなどを選ぶのでしょうね。

A:車中泊とかする人もいそうですね。

C:ホント、いつまで売れるのかというのがポイントだけど、特殊なクルマではないから、そんなにストンと落ちないでしょう。

B:派生車も出てきそうだし。デトマソとかお嬢ちゃんバージョン。

 

司:車名が登場したので、ダイハツ・ブーン/トヨタパッソはどうでしょう。

E:私は点数入れました。クルマにこだわらない人が多いことを考えると、これで何の問題があるの?、って感じたのです。価格や装備などバランスが取れていると感じます。ただ、CVTはちょっとうるさいなと思いますけど。

司:ホントの無印良品的なクルマということですね。

C:でも、意外と高いんです。最低120万〜。これはどうしても軽自動車はイヤという層向けのクルマであり、ルーミーとは違う。とにかく、この勢いが一過性のブームに終わるのか、それとも定着するのかで今後大きくクルマ作りが変わりそうです。

その4へ続く…

(クリッカー編集部)

【関連記事】

復活したNSXが「評価されない」のはなぜ?【クリッカー・オブ・ザ・イヤー座談会 Vol.2】
http://clicccar.com/2017/01/01/431687/

「想定内の進化」にとどまったインプレッサとプリウス【クリッカー・オブ・ザ・イヤー座談会 Vol.1】
http://clicccar.com/2017/01/01/431674/

今年イチバンよかったクルマは何? クリッカーオブザイヤー読者投票開始!
http://clicccar.com/2016/12/19/427803/

「マーケティングの手腕」が光った!? ダイハツの新車たち【クリッカーオブザイヤー座談会 Vol.3】(http://clicccar.com/2017/01/02/431689/)