2017年は金運アップ! 「お金に愛される人」が絶対にしないこと6つ

写真拡大

年末年始は、何かと出費がかさむ時期。ボーナスで潤ったはずのお財布が……アレ!? なんて事態も珍しくありません。2017年からは、もっともっとお金を貯められる自分へと成長するために! 「お金に愛される人」が絶対にしないことについて、男性意見をまとめて紹介します。

■衝動買いはしない

・「安物買いの銭失いのような、必要のない物を習慣的に買うタイプの人はお金が逃げていくイメージある」(36歳/その他/クリエイティブ職)

・「衝動買い。買ったあとのことを考えて買い物すると思うから」(39歳/医療・福祉/営業職)

こんな意見を目にして、思わずギクッとした方も多いのかも……!? 衝動買いは、一時的に自分を満足させるためだけのもの。「これいいな!」と思ってもすぐには購入せず、「1週間たってもまだほしいなら買う」と決めると、自然とムダ遣いも減るはずです。

■小銭を馬鹿にしない

・「1円であってもお金を粗末にしない」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「細かいお金でも決してムダにしない」(29歳/情報・IT/技術職)

「お金に愛される」と聞くと、無条件に「お札」をイメージする方はいませんか? 大きなお金は、小さなお金を積み重ねて作られるもの。まずは小銭貯金からはじめてみるのもアリですよ。

■財布は新調!

・「財布をぼろぼろのまま使う」(31歳/その他/営業職)

・「財布を整理せずに、汚いままにすること」(34歳/その他/その他)

2017年を迎えるにあたって、気持ちのいいおニューの財布を用意するのもオススメです。「購入する時間がない!」という場合には、ぜひ整理整頓だけでも行ってみて。お金が入りやすい財布になりそうですね。

■ギャンブルから卒業

・「パチンコやスロットなどの時間のムダになるギャンブル」(39歳/不動産/営業職)

・「ギャンブル。ムダなお金の使い方はしないと思う」(34歳/警備・メンテナンス/その他)

お金だけではなく、大切な時間まで浪費してしまうのがギャンブルの怖いところです。その時間をもっとほかのことに使えば……お金に愛されるための知識を身につけられるのではないでしょうか。

■だらしない生活は送らない

・「トイレを汚いものと思わない。えらそうにしない、部屋を散らかさない」(35歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

お金に関してきっちりするためには、まず普段の生活を整える必要もあります。部屋が整理整頓されていれば、不要なものを購入することもなくなります。まずは大掃除をがんばりましょう!

■過度にケチらない

・「変にケチること。まわりの信頼をなくすから」(37歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「ひとり占め。人のために使えば好かれる」(30歳/金融・証券/営業職)

最後に紹介するのは、「お金の使い方」に関する意見です。ただただ節約して、我慢するだけではダメなのかも……!? 使うべきときには、ケチらずに使うことで、自分のもとに戻ってくるお金も増えると言えそうですよ。

■まとめ

もっとお金に愛されたい! と思ったら、ぜひ男性たちの意見も参考にしてみてください。スマートなお金の使い方を身につけられ、社会人としても成長できるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月19日〜2016年12月20日
調査人数:380人(22〜39歳の社会人男性)