ザテレビジョン年末年始特別企画「NGS17」の第10回は、原宿発の5人組アイドルユニット・神宿の一ノ瀬みかが登場!

写真拡大

'16年に活躍し、'17年にさらなる飛躍が期待される俳優・女優、アイドル、アーティストなど、さまざまなジャンルのNext Generation Star(次世代スター)およびNew Generation Star(新世代スター)に話を聞く、ザテレビジョンの年末年始特別企画「NGS17」。

【写真を見る】みかちんは「ミスiD2016」に選ばれるなど、個人としても活躍中

第10回は、原宿発の5人組アイドルユニット・神宿(かみやど)でセンターを務める、New Generation Star・一ノ瀬みかが登場。

昨年12月に発売された2ndシングル「カムチャッカ・アドベンチャー」は、TOWERmini汐留店のウイークリー・シングルランキングで1位を獲得するなど健闘し、年末には自身最大規模であるZepp Diver City TOKYOでのワンマンライブも成功に収めた。

そんな勢いのあるアイドルグループ・神宿のセンターを務め、昨年は「ミスiD2016」に選ばれるなど、個人としても飛躍を遂げた16歳・一ノ瀬にさまざまな話を聞いた。

──2ndシングル「カムチャッカ・アドベンチャー」は、'16年9月末の2周年記念ライブで初披露されて以降、さまざまなライブやイベントでパフォーマンスされてきましたが、舁夫(かきふ=ファン)さんたちの反応はいかがですか?

この曲は皆さん盛り上がってくれますし、「神宿の曲の中で一番好き」と言ってくださる方も多くてうれしいです。

──“観客参加型”の振り付けが印象的ですね。

そうなんです! 人差し指と親指の先を付けて「W」と「O」を表したポーズがあるんですけど、ライブ中、サビのところで「WOWO(ウォーウォー)してね!」って言うと、皆さんやってくれます!

あと、曲の冒頭に「臨(りん)・兵(びょう)・闘(とう)・者(しゃ)…」っていうおまじないの言葉が入っているんですけど、舁夫さんたちみんなで言ってくださるんです! 私たちと客席が、自然と一体になっているような感じですね。

──ミュージックビデオでお気に入りの部分はありますか?

そうですね…。“残念なメンバー”が現れる場面があるんですけど、5人がそれぞれ変顔をして、それを編集でさらにゆがませているんです。でも、私だけ加工が雑で!(笑) 元の変顔が結構残っちゃっているんです…。そこが逆に、見どころですね(笑)。

それから、情熱的な歌詞も気に入っています。私の担当部分ではないのですが、「本当の敵は自分自身さ」のところが特に! 

'16年はいろいろなことに挑戦した自分との戦いの年だったので、「深いな…」と思って。

──挑戦と言えば、芥川賞作家・羽田圭介さんの最新作「コンテクスト・オブ・ザ・デッド」の表紙に、ゾンビ女子高校生役で登場したことも衝撃的でした。

そうなんです。あのゾンビメークはCGなので、撮影の時には普通の女子高校生姿だったんです。演技の勉強になると思ったので一生懸命「ゾンビになったつもり」の表情をしたんですけど、出来上がったものを見て、自分でもびっくりしました! 

相当怖いですよね! 自宅にも置いてあるんですけど、表紙が見えないように伏せてあります(笑)。

──羽田さんとは出版記念イベントで対面されていましたが、羽田さんはどのような反応でしたか?

羽田さんに初めてお会いした時には、「あー、きれいな子が立っているなーと思っていたら、表紙の一ノ瀬さんだったのか!」と言われました(笑)。ゾンビ女子高校生の完成度を喜んでくださっていたので、私もうれしかったですね。

──表紙に関しては「ミスiDの誰かが登場」という形で最初に告知されていたのですよね?

はい。「ゾンビ役の子は誰だ?」っていうクイズキャンペーンをやっていたのですが、舁夫さんの中には羽田さんのファンの方もいて。「みかちゃんでしょ」ってTwitterにコメントが寄せられていたりもしたんです。

その時はまだ正解を言っちゃいけなかったので、私はニヤニヤしながら見ていました(笑)。

──講談社主催のオーディション「ミスiD2016」に選出されたことが、今回の表紙出演につながったわけですが、「ミスiD」に挑戦するきっかけは何だったのでしょうか?

お仕事でお世話になった人から、「出てみない?」って誘われたんです。それで、「面白そうだからやってみよう!」と思って。

プロフィルとか将来の夢とか、憧れの人とか。そういうアンケートを書くことから始まりましたね。

──受賞が決まった時には、やはり「やったぁ!」と思いましたか?

そうですね…。でも正直なところ、当時は何がすごいのか分かっていなくて(笑)。選ばれたから何かに出演できるわけでも、賞金がもらえるわけでもないですからね。

今では「ミスiD」がきっかけで私や神宿に興味を持ってくださる方もいると知りましたし、何より「人に認められた」のが自信になったので、頑張って良かったなと思っています。

──ちなみに、アンケートの「憧れの人」にはどなたを書かれたのですか?

アイドルでファッションモデルもされている、椎名ひかりさんを挙げました。椎名さんの世界観が好きなんです。

──椎名さんに近づけた感覚はありますか?

どうでしょう…。ただ、実際に会ってお話する機会を持てたのは、うれしかったですね!

──他に好きなアイドルはいますか?

でんぱ組.incさんの曲には、デビュー前からずっと支えられていました。歌詞に共感できるんです。

──例えばどんなところですか?

「W.W.D」という曲に「地の底でうごめいてたんだ どん底も経験してんだ」っていう歌詞があるんです。周りとコミュニケーションを取りたくなくていつも「放っておいてよ!」って思っていた時期には、この曲に励まされました(笑)。

──そもそも一ノ瀬さんはどうしてアイドルになろうと思われたんですか?

神宿は5人とも、原宿でスカウトされて集まったメンバーなんです。だから初めは、アイドルをやる気は全然なくて…(笑)。

でも活動していくうちに徐々に手応えを感じて、素の自分を最大限に表現できるのがアイドルなんだなと思うようになりました。今の自分の居場所は、神宿にあるんです。だからアイドルになって良かったなと、心から思いますね。

──そして一ノ瀬さんといえば、SNS上でも“みかちんワールド”が全開ですよね? 「ぐっとモッツァレラチーズ」や「ぐっとあふ田子の浦に うち出でて見れば 白妙の…」など、独特の「つぶやき」が…。

そうなんです(笑)。個人Twitterを始めた時に、「毎日できることをやろう!」と思ったのですが、なかなか難しくて。ある時、「あいさつは毎日するな…」と気付いちゃったんです! '15年はよく「おはよ○○」とつぶやいていたのですがバリエーションがなくなってきちゃったので、'16年は英語! '17年は…ドイツ語あたりを攻めていこうかな?(笑)

──現在、現役の高校生でもありますが、学業との両立は難しくないですか?

今はそれほど、大変ではないです。勉強は好きな方なので!

──得意科目は何ですか?

数学です! もともとはあまり興味がなかったのですが、父に解き方を教えてもらったり、「浜村渚の計算ノート」にハマったりしているうちに、数学が好きになりました。

──公私ともに充実しているのですね。

はい、そうですね!

──ではあらためて'16年を振り返ってみて、どんな1年でしたか?

神宿としては1段、“ランクアップ”させなければいけない年でしたね。神宿は舁夫さんが数人しかいない地下アイドルから始まって、やっと地上に顔を出したんです。だから今は、5人の顔やがむしゃらなライブという表面的なものではなくて、パフォーマンスで「気持ち」を届けなきゃいけない時期に入っていると思います。

そういう意味で、神宿を“進化”させなきゃいけない1年でしたし、“進化”できたんじゃないかなと思える1年でした。

──そんな中、自身最大規模である、Zepp Diver City TOKYOでのワンマンライブも実現しました。これからの神宿はどうなっていくのでしょうか?

目標は全国ツアーです!! 全国各地に「ライブ行くよ」って言ってくださる舁夫さんがいるんです。来てくださったからには、私たちも行きたいなと。(※取材後、3月4日[土]の北海道・DUCE SAPPOROを皮切りに全国6都市を巡るツアーの開催が決定)

──では、一ノ瀬さん個人の今後のビジョンを教えてください。

'16年はあまり、個人での演技のお仕事ができませんでした。'17年は演技のお仕事で映像作品に参加できたらと思います。

でも、神宿はずっと続けていきますよ! 神宿は、将来的にフォークソングを歌うグループになっても良いと思っているんです(笑)。アイドルだけど、みんな年を重ねて、落ち着いた曲ばっかり歌っているグループ(笑)。

メンバーとは喧嘩をすることはあっても、すぐに仲直りできる、そのくらいの絆があります。「女優さんになりたい」とか「歌手になりたい」とか、「お洋服を作りたい」とか。

それぞれに目標はありますが、神宿をやめる理由なんてない!“生涯神宿”ですね!

──最後に、読者への新春メッセージをお願いします。

明けましておめでとうございます。神宿としても、一ノ瀬みかとしても、いろんなことに挑戦していきたいと思っています。あとは…身長伸びるかな?(笑)

ことしもよろしくお願いします!!