浮気のもと!男を「調子に乗らせてしまう」NG行動

写真拡大



彼氏ができたら、好きだからこそ、ついつい尽くしすぎてしまうなんてこともあるかもしれません。

でも、それでは男性を調子に乗らせてしまい、都合良く扱われてしまう危険性も出てくるでしょう。

そこで今回は、男を「調子に乗らせてしまう」女子のNG行動を紹介します。

■1.いつも女性から「仲直り」を持ちかける

「ケンカをした後に、折れるのがいつも私からだと、男も図に乗っちゃいますね」(27歳/女性/ネイリスト)

「私の方から謝ることが多いと、どんどん男って偉そうになっていくものですよね」(30歳/女性/人事)

付き合っていれば、ケンカになってしまうこともありますよね。でもその度に、毎回女性の方から折れてしまうと、男性は図に乗って自分から謝ろうとしなくなるもの。「どうせまた謝ってくるくせに」と、上からの態度にもなりかねません。本当に彼氏の方が悪いと思うときは、下手に謝ってしまったりせず、相手にちゃんと謝罪をしてもらうべきですよ。

■2.「意見」を合わせてしまう

「嫌われたくないからって、いつも彼の意見に合わせていると、何も言えなくなってしまう」(27歳/女性/メーカー)

「ガマンして合わせてばかりいると、男にはいいように利用されちゃうことが多いかも…」(25歳/女性/不動産)

非常によくあるケースではありますが、これではカップルとしていい方向には進みません。彼氏の言いなりになってしまうと、ふたりの間に上下関係のようなものができてしまいます。それでは男性はどんどん調子に乗り、あなたは常にガマンをすることになる。そんな関係性では長続きさせることはできないでしょう。

■3.「家政婦」のようになってしまう

「身の回りの世話をやってあげていたら、彼女というか母親みたいになっちゃいますね」(29歳/女性/IT)

「家事も料理も何でもやってあげたりすると、それが当たり前になって、男は偉そうにしてくる」(26歳/女性/販売)

尽くしすぎてしまう女性の典型的なパターンがコレ!料理、掃除、洗濯など、身の回りの世話を何でもしてあげちゃうと、いつしか彼女というよりも「家政婦」のようになってしまいます。彼氏もやってくれるのが当たり前だと思うようになるので、感謝の気持ちすら持たなくなってしまうかも。挙句の果てに、“女”として見てもらえなくなり、捨てられてしまうことだってあり得ますよ。

■4.「好きオーラ」を出しすぎている

「あまりにも好きオーラを出しすぎると、男って『ちょっとくらい遊んでも平気だろ』みたいな考えになりやすいです」(25歳/女性/出版)

「こっちの思いが相手よりも圧倒的に強すぎると、バランスがおかしくなっちゃいますね」(29歳/女性/歯科助手)

「好きオーラ」を出しすぎてしまうと、男性は完全に安心してしまいます。「この子は俺にベタ惚れだから」と、ちょっとくらい遊んだりしても大丈夫だろうという気持ちにもなりやすいのです。「好き」という思いを見せすぎてしまうと、ふたりの関係性やバランスをおかしくしてしまうかも。

■おわりに

男性を調子に乗らせると、最悪の場合、浮気をされてしまう可能性だって出てきます。尽くすのは悪いことではないですが、やりすぎてしまうと、男性を甘やかしてしまうだけでしょうね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)