中国の独身者は男女比がアンバランスで、北京女性と深セン男性の「行き遅れ」が最も深刻であることが明らかになった。

写真拡大

婚活サイト「珍愛網」は28日、「2016年独身者現状調査報告」を発表した。中国の独身者は男女比がアンバランスで、北京女性と深セン男性の「行き遅れ」が最も深刻であることが明らかになった。北京晨報が伝えた。

理想の結婚相手として最も人気が高かったのは、28歳の「やや熟女」と33歳の「優良物件男」だった。春節(旧正月)連休中、大都市の独身者は婚活パーティーの掛け持ちに精を出し、その半数近くが「独身サブカルチャー」という落とし穴に陥るという。また、職業別で最も「行き遅れ」になりやすいのは、女性が販売職、男性はIT系だった。

○掛け持ち婚活パーティーが盛んな深セン・北京・広州

毎年年末のたびに、独身者のほとんどが最も憂鬱な気分に襲われる。なぜならこの時期は1年のうちで最も「結婚を急かされる時期」だからだ。報告によると、独身男女のうち、「早く結婚するよう周囲から急かされた」経験のある人は全体の7割を上回り、そのうち約2割は、「この1年間で、両親から早く結婚するよう急かされた回数は12回以上」と答えた。独身男女の半数近くは「新年を迎えるたびに必ず早く結婚するよう急かされる」としている。

間もなくやって来る春節(旧正月、2017年は1月28日)について、独身男女のほとんどが「婚活パーティーに参加するか、もしくは参加を考えている」と答えた。7日もの春節大型連休中、「婚活パーティーに8回以上参加する」予定の人は54.7%に上った。これらの「掛け持ち婚活パーティー」組は、深センが最も際立っており、深センの独身男女の3割近くが春節連休中に「婚活パーティーに掛け持ちで臨む」と答え、さらに北京、広州、武漢、長沙がこれに続いた。

○最も「行き遅れ」になりやすい都市:北京女性と深セン男性の「行き遅れ」が深刻

珍愛網の報告によると、全国で独身者が多い都市トップ10は順に、北京、深セン、上海、広州、成都、重慶、西安、武漢、東莞、長沙だった。

男女別にみると、独身女性の割合が全国で最も高いのは北京で、深セン、上海、広州、成都、重慶がこれに続いた。男性の独身者が全国最多の都市は深センで、2位以下は北京、広州、上海、重慶、成都だった。全国のほとんどの都市は独身者の男女比がアンバランスであるという問題を抱えており、地域格差も生じている。そしてこのことが、独身者数の増加の最も大きな原因となっている。

○最も人気の独身タイプは広東の「28歳やや熟女」と北京の「33歳優良物件男」

膨大な数の独身者のうち、理想の結婚相手として最も人気があるのは、一体どんなタイプ?今回の調査では、アンケート調査のほか、複数回にわたる相互交流、理想の結婚相手の条件などを通じて情報を収集し、比較分析・統計を行った。それによると、独身女性で最も人気が高かったタイプは広東エリア在住、学歴は大卒、身長は159〜163センチ、年齢28歳前後の「やや熟女」だった。一方、男性は北京エリア在住、学歴は大卒、月収2万元(約33万円)前後、身長175〜180センチ、33歳前後の「優良物件男」が理想の相手ナンバーワンとなった。

○最も「行き遅れ」になりやすい職業:女性は販売職、男性はIT系

各業界の独身者のうち、男性はネット業界のITエンジニアが最も多く、製造業のエンジニアがこれに続いた。一方、女性は、販売職が最も多く、金融関連業界で働く人が続いた。男性にとって、結婚相手の女性の職業として最も人気が高かったのは、経理、看護師、人事職だった。一方、女性にとって、結婚相手の男性の職業として最も人気が高かったのは、会計士、税理士、公務員だった。

○「独身脱出」を実現できない最大の原因:「現実逃避しているから」半数以上