エディ・マーフィは“作品の評価”見ない

写真拡大

エディ・マーフィは、出演作の評価を20年ほど読んでいないそうだ。

「ミスター・チャーチ」も記憶に新しいエディだが、批評家たちの評価は自分自身に一切影響がないと考えているため、読まないことに決めているのだという。

「(批評は)僕には何も影響がないよ。軽く20か25年は読んでいないからね。昔は読んでいたけどさ。『星の王子 ニューヨークへ行く』が公開された時に(映画評論家のジーン)シスケルと(ロジャー)イーバートからひどいって太鼓判を押されたのを覚えているよ」
「それでその10か15年後に彼らが『名作の“星の王子 ニューヨークへ行く”はなんとかかんとか』って振り返ってうんちく語っていたんだ。映画の評価なんて年月と共に変わるものなんだよ」