紗栄子・紀香・ローラ…愛用のフレグランス、その香りの意味は?

写真拡大

 その人が現れるとあの香りがふわっと漂う。ほのかな香りであればあるほど、惹かれるものがあります。

 なんともいえない素敵な残り香があると、特に印象深いものですよね。たとえば香りにこだわる3人の女性タレントさんたちが愛用するフレグランスは、どんな香りと特徴があるのでしょうか?

●紗栄子さん‥‥CHANEL「N° 19」

自身のブログで、昨年8月頃「最近香水を変えました」と告白していた紗栄子さん。それが、シャネルの中でも最高傑作といわれる「N° 19」です。アヤメ科の植物アイリスの香りは大胆かつ繊細。フローラル・グリーンの軽快な香りといわれています。紗栄子さんの小さなボディと大胆かつ軽快な魅力にぴったり合っていると思いませんか?

●藤原紀香さん‥‥Chloe「LOVE STORY」

普段はローズ系が好きだという紀香さん。クロエの「LOVE STORY」は爽やか、官能的、フェミニンな3種の香りが融合したもの。フレッシュで官能的な香りなのだとか。紀香さんの潔い性格を物語っているようです。

●ローラさん‥‥LANVIN「marry me!」

その「上品な香り」がお気に入りというランバンの「marry me!」。ローラさんらしく、元気なビターオレンジと官能的なアラビアンジャスミンの融合した香りで、恋をしているときの高揚感をイメージしてつくられたものなのだそう。ローラさんのいつまでもピュアなところと、なんだかお似合いですよね。

 それぞれの愛用のフレグランスは、それぞれの人が持つ個性と合っていました。ただ真似するだけでなく、ぜひあなたの個性に合った香り見つけて、この機会にイメチェンしてみてはどうでしょうか?