台北市の年越しイベント  ごみ回収量、前回より減少も10.5トン/台湾

写真拡大

(台北 1日 中央社)台北市政府環境保護局は1日、12月31日から1月1日にかけて台北市政府前で行われた年越しイベントで回収されたごみの量は、計10.5トンに達したと発表した。前回の12.35トンよりも15%減少したという。

同局によると、イベント会場周辺には資源ごみ回収所66カ所と大型ごみ箱など264個を設置したほか、職員831人と学生らのボランティア1300人以上を投入してごみを回収。資源ごみの量は6.8トンで、前回よりも16%増加したという。

一方、イベント会場でたばこをポイ捨てするなどして検挙された件数は15件だったとしている。

(王揚宇/編集:齊藤啓介)