小涌谷踏切は箱根駅伝にそなえて手動になる

写真拡大 (全4枚)

 お正月の風物詩といって思い浮かぶもののひとつに、1920年から開催されている大学駅伝「箱根駅伝」があげられる。1955年からは毎年1月2日、3日の開催となり、正月休みで現地へ出かけての観戦をする人も多い。長年、観戦している人は気づいているだろうが、以前の箱根駅伝ではランナーが踏みきりで待たされる場面があった。現在はなぜ、ランナーの踏切待ちが発生しなくなったのか、フリーライターの小川裕夫氏がリポートする。

 * * *
 年末年始やゴールデンウィーク、お盆etc鉄道に限らずバスや飛行機にも普段よりも混雑する繁忙期が存在する。

 しかし、特殊な事情で、ほかの地域とは異なる独自の繁忙期が存在する鉄道会社もある。一例を挙げれば、東京都を走る都電荒川線は「4」のつく日に大混雑する。これは、”おばあちゃんの原宿”と称される巣鴨のとげぬき地蔵「高岩寺」が4のつく日を縁日としているからで、都電荒川線には高齢者がどっと押し寄せる。

「4」のつく日が縁日となっている高岩寺は、当然ながら元日も初詣客で混雑する。それは高岩寺だけではない。全国の鉄道各線はどこも初詣客でにぎわう。東武鉄道大師線、名古屋鉄道豊川線、西日本鉄道太宰府線など、参詣のために敷設された路線は全国に数え切れないほど存在する。だから1月1日は鉄道会社にとって書入れ時でもある。

 だが、元日よりも翌日の2日が、一年でもっとも混雑する路線もある。それが、箱根登山鉄道だ。

 1月2日に箱根登山鉄道がもっとも混雑する理由は、言わずと知れた箱根駅伝(正式名称:東京箱根間往復大学駅伝競走)が催行されるからだ。いまや正月の風物詩にもなった箱根駅伝は、往路では東京・大手町の読売新聞前をスタートして箱根・芦ノ湖のゴールを目指す。2017年から4区と5区の距離が変更になるが、それでも箱根の山登り区間である5区はレースのハイライト。手に汗握る駆け引きが期待される。

 箱根登山鉄道は小田原駅−強羅駅間で運行されているが、線路は箱根駅伝の5区に沿うように敷かれている。そのため、箱根駅伝を沿道で観戦しようとするギャラリーが、1月2日の早朝から箱根登山鉄道に押し掛ける。

 箱根登山鉄道は小田原駅−箱根湯本駅間は小田急の電車が乗り入れしているのみで箱根登山鉄道の電車は運行されていない。実質的に箱根登山鉄道の電車が走っているのは、箱根湯本駅−強羅駅間だけだ。その基点となる箱根湯本駅の一日の利用者も当然ながら1月2日に急増する。

「箱根湯本駅の利用者はIC乗車券利用者のみ集計していますが、通常は入場者・出場者ともに一日約1600人前後です。しかし、1月2日だけは入場者が5700人以上、出場者が7600人以上に増加します。弊社は6月下旬のあじさいのシーズン、11月下旬の紅葉のシーズンにも多くの行楽客でにぎわいますが、箱根駅伝が催行される1月2日、3日は特別な日です。特に、2日は社員総出で駅業務にあたります」(箱根登山鉄道鉄道部)

 2017年はコース変更があったことから、テレビ中継所も変更になった。新たな中継所は箱根登山鉄道の風祭駅の近くに設置されるため、例年1月2日の風祭駅は5名体制で業務をこなしているが、今年は22名体制で臨む。

 同様に通常は8名体制の箱根湯本駅は、臨時雇用の警備員の応援も含めて42名体制を敷く。こうした数字からも、箱根駅伝が箱根登山鉄道最大の祭典になっていることがわかるだろう。

 もうひとつ箱根駅伝の名物ともいえるのが、箱根登山鉄道小涌谷駅付近にある踏切だ。かつて箱根駅伝のコース上には箱根登山鉄道と京浜急行電鉄空港線、2か所の踏切が存在した。しかし、空港線の踏切は、2012(平成24)年に線路が高架化されたことで消滅。箱根登山鉄道の小涌谷踏切が残るだけになった。

 平時、踏切で停止させられるのは歩行者や自動車だが、箱根駅伝の日だけは電車を止めてランナーを優先する。かつては踏切が下りてランナーが足止めされるというアクシデントも発生していたが、「これまで培ってきた経験などから、電車が踏切を通過するのにかかる時間とランナーのスピードなどを計算し、手動で踏切を開閉しています。ここ十数年はランナーを踏切待ちさせる事態は起きていません」(同)という。単純にランナーが通過するまで電車を止めておくのではなく、そこには熟練の勘と技があるようだ。

 小涌谷の踏切は箱根駅伝限定の名所だが、箱根登山鉄道には80‰(パーミル)を超える超急勾配やスイッチバックといった鉄道ファン垂涎の名所が存在する。また通常の鉄道車両は2種類程度しかブレーキを装備していないが、箱根登山鉄道は急勾配を走るので4種類のブレーキを装備している。そのブレーキ裁きを体感できるのも、急勾配の箱根登山鉄道ならではといえる。

 白熱したレースの裏では、鉄道会社の壮絶なドラマもある。箱根駅伝を自宅でテレビ観戦する人も多いだろうが、乗り鉄とスポーツ観戦を同時に楽しむ箱根登山鉄道の旅をしてみるのも乙な正月の過ごし方かもしれない。