チョ・ジョンソク、俳優に対する信念を語る「透明にならなければならない」

写真拡大

チョ・ジョンソクが俳優としての信念を伝えた。

チョ・ジョンソクは最近、男性雑誌「Esquire」の2017年1月号のカバーモデルとして抜擢され、グラビア撮影を行った。グラビアで彼は拒否することができない魔性の眼差しをアピールし、撮影ビハインドストーリーに対する好奇心を刺激した。

彼は続いたインタビューでは真剣で率直に自身の話を伝えたという。

チョ・ジョンソクは「俳優は透明にならなければならない。微妙な感情、ディテールな感情の空気を形成するのにたくさん気を使う」と伝えた。

ドラマ「嫉妬の化身」や映画「あの日、兄貴が灯した光」を通じて、人々に感動を与えたチョ・ジョンソク。彼は「生まれて最も幸せな時間を過ごしている。ただ今のように、生きてきたように生きていれば素晴らしい男になっているだろうと思う」と話した。