2016年9月のパリモーターショーでワールドプレミアされた「メルセデス AMG GT C ロードスター」のクーペバージョンを、完全フルヌード姿でカメラが捉えました

1

コマーシャルのスチール撮り最中で、張り詰めた緊張感の中、マットブラックボディに包まれた美しいクーペルーフが確認できます。

この最新モデルは、AMG創立50周年を記念して製造され、「メルセデスAMG GT C クーペ エディション50」と名付けられる可能性が高いようです。

パワートレインには「AMG GT S」のさらに上を行く、7速MTミッションに組み合わされる、4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高馬力は557psを発揮、0-100km/h加速を3.7秒で駆け抜けます。

このタイミングでコマーシャル撮影をしているということは、2017年1月のデトロイトモーターショーでの初公開が期待できるかもしれません。

(APOLLO)

スチール撮りに潜入!557馬力のメルセデスAMG GT Cクーペ新型「エディション50」を激撮(http://clicccar.com/2017/01/01/430663/)