中国ジャイアントパンダ保護研究センターの飼育員・韋華さんが天台山で野性化ジャイアントパンダの視察をしていた時、野性化訓練中のジャイアントパンダ「喜妹(シーメイ)」に襲われ、脚筋と腕の骨をかまれる大けがを負って入院した。

写真拡大

中国ジャイアントパンダ保護研究センターの飼育員・韋華さんが天台山で野性化ジャイアントパンダの視察をしていた時、野性化訓練中のジャイアントパンダ「喜妹(シーメイ)」に襲われ、脚筋と腕の骨をかまれる大けがを負って入院した。

【その他の写真】

現在、韋華さんは病院で治療を受けているという。中国成都商報が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/TK)