キム・ハヌル、挑戦は続く…「感情が爆発する演技をしてみたい」

写真拡大 (全5枚)

ドラマ「空港に行く道」に続き、韓国で2017年1月に公開予定の映画「女教師」まで、休むことなく活動している女優キム・ハヌルのグラビア&インタビューが「marie claire」1月号で公開された。

このグラビアでキム・ハヌルは花柄の真っ赤なジャケットにカクテルドレス、ウェーブ装飾のオープントゥシューズを着用し、強烈でありながらもフェミニンなファッションを披露した。また、ラッフルコットンシャツに木の絵がプリントされたドレス、ユニークなプラットフォームブーツを合わせ、キム・ハヌル特有の優雅でありながらもシックな魅力を届けた。

インタビューで「これまで女優として生きてきて、砕くことができなかった限界はあったか?」と聞かれたキム・ハヌルは「音、胸、頭がすべて開くような、感情が自由に爆発する演技をしてみたい」と抱負を語った。また、これまで「バイ・ジュン〜さらば愛しき人〜」「同い年の家庭教師」「オンエアー」など多彩な作品で常に挑み続けてきたが、さらに大きな挑戦として映画「女教師」で新しいキャラクターを見せたいと感想を述べた。

キム・ハヌルは映画「女教師」で非正規教員のヒョジュ役を演じた。