「鬼」コン・ユ&キム・ゴウン、こんなに可愛くて熱いキスなんて!“関心集中”

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
コン・ユとキム・ゴウンが可愛くもロマンチックな初キスを交わした。

韓国で2016年12月31日、tvN「鬼」第10話が放送された。この日キム・シン(コン・ユ) はマフラーを巻いてベッドに寝て、成人になったウンタク(キム・ゴウン) を待った。ウンタクは来てすぐに先約があると話し、キム・シンはつんとした姿を見せた。「なぜマフラーを巻いているのか」という質問に「元々こうして寝る」とありえない答えをした。これを受け、ウンタクは先約の主人公がキム・シンだと話し、彼は怒ったことなどなかったかのようにすぐに立ち上がり、可愛らしい魅力を見せた。

続いてウンタクがやってみたいことに関する話題が出ると、キム・シンは「何でも、君がやりたいというならそれまでやって」と話し、お茶目な姿を見せた。

しかし、ウンタクは「お酒をおごって」と話し、キム・シンをがっかり(?) させた。屋台でロマンチックなデートを楽しむ二人。ウンタクは自分の憧れが実現されていると楽しんだ。続いてウンタクは口付けではないキスをして欲しいと話した。そして椅子をキム・シンの隣に近くもっていっては、愛嬌たっぷりの表情を見せた。

彼女は今度は避けないでと話し、キム・シンは「避けてないよ。一度避けるのも大変だった」と話し、ウンタクにときめく気持ちをあらわにした。続いてキム・シンはウンタクにロマンチックなキスをした。ウンタクはロマンチックなキム・シンのキスにときめいた。続いてウンタクもキム・シンに積極的にキスをする姿を見せた。甘いキスまで交わし、愛をつないでいく二人の甘い姿がお茶の間のファンをときめかせた。特にコン・ユは可愛くも図々しい魅力に続き、キスでロマンチックな一面まで見せ、「鬼」の魅力を倍増させた。