スナップチャットの広告活用 人気ブランド4社の最新事例

写真拡大

スナップチャットにはファッションブランドによる魅力的な投稿であふれている。ショーが開催されたときはもちろん、年間を通じて新商品の宣伝やブランドの舞台裏を紹介する企画もある。

スナップチャットのDAU(デイリーアクティブユーザー)は全世界で1億5,000万人。その60%が18〜34歳だ。その中でも25〜34歳のミレニアル世代が急速に増えている。今後最も購買力が伸びる世代であり、ブランドが目を付けないわけがないのだ。

スナップチャットの広告は3種類がある。”ストーリー”セクションと”ディスカバー”セクションの間に表示される「スナップアド」、写真や動画にかぶせる地域限定のオリジナルアート「ジオフィルター」、そしてセルフィーにエフェクトをプラスできる「スポンサード・レンズ」だ。

バーバリーやASOS,シャネル、ルイヴィトン、グッチらが出稿中だが、以下に広告プランニングの参考になる4ブランドのスナップチャット戦略を紹介する。

フェンディ(@Fendi)

フェンディは2016年、”Snapchat Tour”と名付けたキャンペーンを打った。ケンダル・ジェンナーやザラ・マーティン、アイリーン・キムなどのインフルエンサーがフェンディのアカウントでコンテンツを公開するものだ。スナップチャットでは24時間後に消えたコンテンツも、公式ウェブサイトにアップロードされている。ローマやロンドン、モスクワ、パリ、ソウル、マイアミなどの都市別にインフルエンサーが投稿したコンテンツを見ることができる。

バーバリー(@Burberry)

バーバリーは以前からプラットフォームに合わせたコンテンツによる宣伝を得意とし、新作の発表を独創的な方法で行ってきた。2016年2月に行われたロンドン・ファッション・ウィークの期間中には、ロンドンにあるバーバリーのフラッグシップストアに侵入しようとする2人のモデルを主人公としたストーリーを公開。

防犯カメラの映像を使ったり様々な強盗映画になぞらえたシーンを挿入したりするなどの楽しいコンテンツを盛り込んだ。主人公は最終的にお目当てのコレクションを見つけて試着し、捕まるというストーリーだ。 ”Break in at Burberry!(バーバリーに強盗)”の見出しが躍る新聞の画像も投稿された。他のブランドが単なるファッション・ウィークの舞台裏を紹介していた中、バーバリーは新鮮で面白いストーリー性のあるコンテンツで勝負した。

バリー (@Bally_Swiss)

バリーはロサンゼルスのロデオ・ドライブに店舗をオープンしたことを記念して、宝探しのようなキャンペーンを展開した。インフルエンサーのナタリー・スアレズとタッグを組み、ジオフィルターを入手できる3つのロケーションのヒントを公開し、実際に足を運んでスナップを投稿すればオープニング・パーティーのVIPチケットの抽選に申し込めるというものだ。このキャンペーンを担当したエージェンシーのCult LDNは「人々はゲームが好きであり、コンテンツで短い間に楽しむのが好きなのです」と語った。

ミーシャ・ヌヌー(@MishaNonoo) 

ニューヨークのデザイナーであるミーシャ・ヌヌーは2016年9月に開催されたファッション・ウィーク期間中にファッション・ウェブサイトRefinery29と組み、新作コレクションをショーで披露するのではなくスナップチャット上で公開した。1日をかけて少しずつRefinery29のアカウントにライブで配信されたコンテンツは、イラストレーターのアナ・ストランフがスナップチャットの機能を使ってリアルタイムで装飾した。その間ヌヌーのアカウントでは撮影方法やiPadでの装飾の過程など舞台裏が公開された。