創業者の想いを形にした幸福感あふれるハンドクリーム

写真拡大

ポーラ(東京都品川区)は、創業88周年を記念して開発した「ポーラ ザ ハンドクリーム」を2017年1月10日に発売する。1929年、ポーラ初の製品は、創業者の鈴木忍氏が手荒れに悩む妻のためにたったひとつの乳鉢でつくりあげたクリームだったという。

エイジングケアを考えた美容成分を配合

「最上のものを一人ひとりにあったお手入れとともに直接お手渡ししたい」という創業の想いを形にしたアイテム。手肌のエイジングケアにこだわり、幸福感あふれるような手肌を目指して開発した。

ふっくらとしたハリ感をサポートする「NAOエキス」や「トゲナシエキス」、角層の糖化に着目した「YACエキス」、透明感をもたらす「マジョラムエキス」「アケビ茎エキス」、すこやかな角層に整える「ダーマルレギュレーター」「ブクリョウエキス」などのエイジングケアを考えた美容成分を配合。

さらに、オイル相が角層をやわらかくし、水相の浸透をアップさせることで手肌をふっくら整える「ヘブンリーリッチオイル処方」を採用した。リッチな感触を実現しており、特に就寝前のハンドケアにおすすめだ。

リフレッシュ感と幸福感を感じさせるビターオレンジとジャスミンの香り。

全国のビューティーディレクター、コスメ&エステショップ「ポーラザビューティー」約630店舗を含む約4800店、有名百貨店ポーラコーナー45店舗、ホームページで取り扱う。

内容量100グラム、価格は4212円(税込)。