富士山を目指す違法改造車はコレがモチーフ! 超絶人気を誇った「シルエットフォーミュラ」

写真拡大 (全10枚)

姿をまねた出っ歯の違法改造車が大流行に

シルエットフォーミュラとは、1970年代後半、スーパーカーエイジを夢中にさせたツーリングカーレースのカテゴリー。

FIAは、1976年からグループ5の車両による、世界スポーツカー選手権を開催。グループ5は、400台以上生産された市販車がベース、というカテゴリーだが、改造範囲が驚くほど広く、基本的なボディの外観(シルエット)と、サスペンション形式、そしてオリジナルのエンジンブロックを流用すれば、ほぼ改造無制限のバーリトゥード(何でもあり)のようなレースだった。

そのためボディシルエットだけは、市販車の面影があるが、中身はパイプフレームのフォーミュラカーで、しかも600馬力級の強力なターボエンジンを搭載したモンスターたちが主役。その圧倒的なストレートスピードと、大迫力なワイドボディ、大型のチンスポイラーとウイングといったものに、子どもから大人まで、誰もが虜となってしまった。

日本では、1979年から富士グランチャンピオンレース(富士GC)の前座レースとして「富士スーパーシルエットシリーズ」がスタート。

主なマシンは、ハコスカ以来、10年ぶりにサーキットにカムバックしたR30のトミカスカイライン! エンジンはWRC用のバイオレットターボ用のLZ20Bを流用。名手・長谷見昌弘がドライブし、富士スピードウェイのグランドスタンドは、このクルマ目当てのスカイラインファンで埋まったほどの人気だった。

それから、ニチラインパルシルビア。KS110ベースでデビューし、翌年KS120ベースにスイッチ。ホシノインパルの大ヒット商品となった、十文字ホイール「シルエット」と、星野一義のヘルメットカラーの白と黄色のニチラカラーが目を引いた。ちなみにニチラ(日本ラヂヱーター)はカルソニックの前身。

ブルーバードも含めた3台が日産ターボ軍団と言われた

そして、柳田春人(スーパーGTドライバーの柳田真孝の実父)がドライブするブルーバードターボ(910ベース)。この3台が「日産ターボ軍団」といわれ、コーナーへ進入、アクセルを戻すと、サイドマフラーからアフターファイアーがボーボーと吹き出し、これがまた何ともカッコよかった……(いま考えれば、ルーカス製メインジェクションが発展途上だっただけ!?)。ライバルは、BMW初のミッドシップスポーツだった、BMW M1。

ちなみに日産は、このスーパーシルエットでの人気を目の当たりにして、ワークス活動を再開することを決断。1984年にNISMOが設立されるきっかけにもなった。

海外では、ポルシェ935、そのライバルのBMW320ターボ、フォードカプリ、そして「サーキットの狼」でおなじみのランチア・ストラトス・ターボ!(ランチアターボ、カッコよかったな〜。何台プラモデルを作ったことか)

それから、BMWのワークス的存在として知られるシュニッツァーが開発したセリカLBターボも忘れてはならない一台。このセリカLBターボ(RA20)は、トムスが逆輸入して国内のレースに参戦していた。日本でのスーパーシルエットは、1983年にシリーズ戦が終了(84年に2レースだけ実施)。

しかし、田宮模型が、ポルシェ935やセリカターボの1/12ラジコンカーを作ったり、前記の「サーキットの狼」でも大々的に取り上げられたので、このカテゴリーに思い入れの強い40〜50代のレースファンは今でも多い。