気になる男性がいても、自分から積極的にアプローチできるタイプではないから、なかなか“恋愛”に発展しない。でも、2017年は素敵な恋をして、幸せになりたい……。

そんな女性のために、今回は男性が本気で好きな女性にだけ送る「あけおめLINE」の特徴をこっそり暴露! 新年の挨拶から、カレの脈あり度を探ってみましょう。

 

■「○○ちゃん」とあなたの名前が入っている

「定型文だと思ってスルーされたらショックだから、あえて気になる女性へのLINEには名前を入れる。できるだけ堅苦しくない呼び方でね」(26歳/メーカー)

「いつもは“○○さん”って少し改まった感じだけど、こういうときは思い切って“○○ちゃん”って名前でね」(22歳/学生)

男性から送られてきたあけおめLINEが定型文だとガッカリしますよね。でも、文中にあなたの名前が入っていたら、まだ諦めるのは早いかもしれません。「○○ちゃん」と親しみを込めた呼び名は、男性からの“好きのサイン”ですよ。あなたもカレの名前入りメッセージを送ってみましょう。

 

■年が明けてすぐLINEがくる

「好きな女性には1番にメッセージを送りたいと思うのは当然のことでしょ!本当は年が明ける直前からLINEして、カウントダウンしながら一緒に新年を迎えるのが理想だけどね」(27歳/保険)

「LINEって早くレスポンスしなきゃいけないから苦手。でも、こういうときは特別だよね。気になる女性には、自分からあけおめLINEするかな」(30歳/公務員)

いつも面倒臭がり屋で既読スルー常習犯のカレも、あけおめLINEだけは時間ぴったりに送る傾向が……!

本当に好きな女性には、タイムラインを表示しながら日付けが変わる瞬間を待っているといいます。年が明けてから間もなく男性からLINEが来たら“脈あり”だと思って間違いありませんよ。

 

■年始の予定を聞かれる

「せっかくLINEするんだから、デートのお誘いもしたい。だから、新年の挨拶に合わせて“もう初詣行った?”って聞いちゃうかな」(29歳/建築)

「仕事が始まる前にこっそりデートをして距離を縮めたいよね。あけおめLINEの返信が来たタイミングで“○日空いている?”って具体的な予定を聞く」(25歳/IT)

あけおめLINEの文末に、ところで「初詣行った?」「帰省はいつまでしているの?」「○日は予定ってる?」なんて疑問文が入っていたら、あなたをデートに誘いたくてウズウズしている証拠。思い切って「よかったら、一緒に行かない?」とメッセージを送ってみてはいかがですか?

 

いかがでしたか? 気になるカレから送られてきた「あけおめLINE」をじっくり読み直してみてください。あなたへの真剣な想いが隠されているはずですよ。

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【画像】

※ Maram/shutterstock

【関連記事】

※ 愛され女子の必殺テク!「デート中」に男子をドキッとさせる小技4つ

※ アッ、無理だ…男がエッチ中に「この子ズボラだな」と思うポイント

※ あの子となら。男性が「本命彼女」とだけしたいデートプラン3つ

※ か、かわいすぎる…!お泊りデートで彼がむずきゅんする仕草

※ 12星座別「彼の心変わりのサイン」!射手座はデートなのにテンションが低い