2017年は「チア☆ダン」なども
控える中条あやみ

写真拡大

 モデルで女優の中条あやみが主演する映画「覆面系ノイズ」の公開日が11月25日に決定し、あわせて特別映像がお披露目された。映像では、制服姿の中条が新年の挨拶をしており、キュートな笑顔で「皆さんにとって、今年もいい年になりますように」と手を振る模様を収めている。

 「花とゆめ」(白泉社刊)で連載中の、コミックス累計発行部数100万部を突破した福山リョウコ氏による人気漫画を、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で知られる三木康一郎監督のメガホンで実写化。奇跡の歌声をもつ有栖川仁乃(中条)は、幼少期にモモ(小関裕太)とユズ(志尊淳)という2人の大切な少年との別れを経験していた。高校でユズと再会した仁乃は、覆面バンド「in No hurry to shout(通称イノハリ)」のボーカルに勧誘され、初恋の相手・モモに声を届けるために歌い出す。

 中条はバンドでの本格的な歌唱&ギター、志尊はギター&ピアノ、小関はベースでの演奏に初挑戦。8月からボイストレーニングに通い役作りしている中条は、「最初は人前で歌うことに慣れなくて小さい声でしか歌えないところから始まったのですが、ボイストレーニングをして回数を重ねるごとに声が出てくるようになったり、ニノの印象的な声っていうのはどんなものかと考えながらそこに向かっているうちに、人前で歌うこともだんだん楽しくなってきました」とコメントを寄せている。