私たちが最も身近な日本の占いと言ったら、やはり十二支による「干支」ですよね。

もともと中国やアジアなどの地域において、主に日、月、年や時間、また角度、物事の順序などを示すのに考え出され、用いられたとされます。

今回は、その干支を用いて、あなたの2017年の運勢を占い師の筆者がご紹介いたします。それでは、今回は未年についてみていきましょう。

 

■2017年の全体運

2017年前半は、やり残しを片づけるために奔走しなければならない時期。スムーズにいかず、イライラすることも多いかもしれませんが、状況ごとに臨機応変に対応することが大切です。

後半は、もともとの自分のテリトリー内で強さを発揮する時期。一番の開運のカギは人づき合い。それもみんなと仲よくするように心がけるより、本当に自分にとって大事な、ひとりかふたりの親友を大切にするようにして。

 

■2017年の恋愛&結婚運

2017年前半は、かなり強気な異性に引っぱられそう。本当はそんなに好きじゃないのに、「そこまで私のことが好きなら」と思ってつき合ってしまうと、相手にあきられて、あっという間に捨てられてしまう可能性も。そうならないためには、相手の勢いに翻弄されないように注意して。

自分にとってすごく負担だと感じるようなら、おつき合いを申し込まれてもキッパリ断ること。本当に大事な人はすぐそばにいるかもしれない、ということに気づくことが大事です。

 

■2017年の仕事運

あなたは先駆者の横でしっかりと支援するサポート役がうってつけでしょう。そのため、自分で一から何かを興すよりも、不完全なものに必要なものを加えたり、調整をしていったりする仕事に取り組むことで才能を発揮。組織への順応性は抜群で、あなたが一人いるだけで職場が円滑になるはず。

特に2017年は、目上の人からの引き立て運もあるので、意外な出世を遂げることも。しかし、自分が前に出るのは得意ではないため、カリスマ性のある象徴的存在と組むと良いでしょう。

 

■総括

未年生まれのあなたは、思慮深く人情味もあり、どちらかというと大人しいタイプが多いとされます。そのため、人と対立することを好まず、人と人との繋がりを大切にすると言えるでしょう。少し、自分ひとりで抱え込んでしまうところがあり、チャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。

2017年あなたに必要なのは、相談できる友人や家族。あなたに自信を与えてくれるはずです。もともと内面的な強さはあるので、倍以上の力を発揮できそう。

 

いかがでしたでしょうか? 2017年は丁酉(ひのととり)だとされます。鳥は人に時を報告する動物です。また、「とり」は「とりこむ」と言われ、商売などでは縁起の良い干支に当たります。タイミングで言えば、「果実が十分に熟した状態」であるため、これまで積み重ねてきた物事の結果を勝ち取り、努力してきた人には嬉しい結果が待っている一年になるのではないでしょうか。皆さんにとって、2017年が素敵な一年になりますように。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ vfedorchenko/shutterstock

【関連記事】

※ 血液型別「キスの相性」ランキング!AB型女子×O型男子は拒む時間すらない情熱的な…

※ 血液型別「結婚すると苦労する」男子ランキング!2位のO型はDV夫予備軍…

※ 血液型別「セックスの相性」ランキング!2位はB型女子×B型男子

※血液型別「職場恋愛がうまくいく」女子ランキング!2位のA型は二人の関係が…

※ 血液型別「さげちん」男子ランキング!2位のB型はジワジワさげられて自滅させられる…