私たちが最も身近な日本の占いと言ったら、やはり十二支による「干支」ですよね。

もともと中国やアジアなどの地域において、主に日、月、年や時間、また角度、物事の順序などを示すのに考え出され、用いられたとされます。今回は、その干支を用いて、あなたの2017年の運勢を占い師の筆者がご紹介いたします。

それでは、今回は子年についてみていきましょう。

 

■2017年の全体運

2017年は「ありのままの自分でいい」といい意味で割り切ることができ、自然体でがんばれることこそが自分の魅力だと吹っ切れそうです。

ただし中には、理想の自分を高く設定しすぎて、「理想と今の自分のギャップ」に悩んでしまうことも。そんなときは、「できないことがあっても、自分には自分の魅力がある」と、自分自身のいいところを見つけるようにして。

この時期、資格、趣味といった実用的に役立つものを目標に掲げると、より運勢はアップ。

 

■2017年の恋愛&結婚運

2017年前半は、恋人や結婚に興味がわかない時期。つき合っている人がいても、「私はこの人のこと、どう思ってるのかな。一緒にいて楽しいってことは、好きなのかな」とジワジワした気持ちの盛り上がりを感じることになりそう。

後半は自分のペースが乱される出来事が幸せを運んできてくれそう。まったく意識していなかった同僚に恋をする可能性も。その人とはいい恋愛関係が築けそうです。

 

■2017年の仕事運

あなたは意見を通す役目や、知識を活かす仕事に向いているタイプと言えるでしょう。そのため、上から指示される仕事よりも、自分の責任で管轄できる仕事で才能を活かせるところが。そんなあなたは常に向上したいという気持ちが強い、モチベーションの塊と言えるでしょう。

それだけに、自分にも他人にも厳しいところがあり、衝突してしまうシーンも。「8割でもOK」という発想を持つことが、2017年さらなる可能性を発掘してくれるでしょう。

 

■総括

子年のあなたは、素直で正直で働き者。お節介なくらい面倒見がいいので、周囲に人が集まってきます。しかし、好き嫌いがはっきりしているので、人を選んで付き合うようです。一見落ち着いて穏やかに見えますが、少し怒りっぽい一面も。

きれい好きで細やかなところまでよく気がつく、繊細な感性の持ち主です。また、倹約家で質素な生活をしますが、目先の利益にこだわりやすいところも……。2017年は落ち着きを持つとさらに運気はアップするでしょう。

 

いかがでしたでしょうか? 2017年は丁酉(ひのととり)だとされます。鳥は人に時を報告する動物です。また、「とり」は「とりこむ」と言われ、商売などでは縁起の良い干支に当たります。タイミングで言えば、「果実が十分に熟した状態」であるため、これまで積み重ねてきた物事の結果を勝ち取り、努力してきた人には嬉しい結果が待っている一年になるのではないでしょうか。皆さんにとって、2017年が素敵な一年になりますように。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ vfedorchenko/shutterstock

【関連記事】

※ 血液型別「キスの相性」ランキング!AB型女子×O型男子は拒む時間すらない情熱的な…

※ 血液型別「結婚すると苦労する」男子ランキング!2位のO型はDV夫予備軍…

※ 血液型別「セックスの相性」ランキング!2位はB型女子×B型男子

※血液型別「職場恋愛がうまくいく」女子ランキング!2位のA型は二人の関係が…

※ 血液型別「さげちん」男子ランキング!2位のB型はジワジワさげられて自滅させられる…