2月1日(水)に「NAI NAI NAI」でメジャーデビューするLily’s Blow

写真拡大

'16年に活躍し、'17年にさらなる飛躍が期待される俳優・女優、アイドル、アーティストなど、さまざまなジャンルのNext Generation Star(次世代スター)およびNew Generation Star(新世代スター)に話を聞く、ザテレビジョンの年末年始特別企画「NGS17」。

【写真を見る】Lily's Blowは「自分の実力はどれくらいあるのか試してみたかったんです」とオーディションを受けたきっかけを明かす

第9回は、2月1日(水)に「NAI NAI NAI」でメジャーデビューするNew Generation Star・Lily’s Blow(リリィズ・ブロウ)が登場!

デビューのきっかけとなったシンデレラオーディションについてや、ライブ活動について、今後の夢などについて語ってもらった。

――まずは自己紹介をお願いします。

Lily's BlowのNANAです。Lily’s Blowとは、私NANAのソロプロジェクトで、都内のライブハウスを中心に活動しています。

――音楽活動をやろうと思ったきっかけは何でしょうか?

「glee/グリー」という海外ドラマが好きで、中学時代にずっと見ていました。昔から歌を歌うことも大好きだったので、ドラマに感動して自分もドラマの中で活躍しているアーティストのようになりたいなと思って、歌いたいと思うようになりました。そして高校に入って、友達に誘ってもらってバンド活動を始めました。

――高校時代はカラオケにも結構行かれましたか?

そうですね。

――何か十八番はありますか?(笑)

何ですかね。友達と行くときはとにかく盛り上がる曲を歌っていました。ロック調の曲も好きですし、歌いますけど、バラードも好きでよく歌いました。

――そして、'16年に映画「傷だらけの悪魔」の主題歌オーディションでグランプリを受賞されました。そもそも、このオーディションを受けようと思われたきっかけは?

自分の実力はどれくらいあるのか試してみたかったんです。

――実際グランプリになられて、周囲の反響はどうでしたか?

みんなビックリしてくれましたし、家族も喜んでくれました。

――ご家族は応援してくれるパターンなんですね?(笑)

そうですね。そっちのパターンです。反抗して家を飛び出したわけではないです(笑)。

――憧れのアーティストさんはいらっしゃいましたか?

「glee/グリー」の主演のリア・ミシェルやリアーナに憧れていました。日本のアーティストでは、椎名林檎さんに憧れています。ただ、どちらかといえば海外の方の歌の表現力がすごく好きで、そういうのを持っているアーティストの方に惹かれますね。

――インディーズでCDをリリースされて心境はいかがでしたか?

「Ready to go」という楽曲なんですけど、その曲はプロデューサーが私の話を聞いて作ってくださいました。この歌詞が好きで、こういうふうに考えている人ってたくさんいるんだろうなと思った曲でした。

たくさん夢を持っている人に届けばいいなと。インディーズですがCDを出させていただいたのも大きくて、これによって多くの方に届く機会になったんじゃないかなと思います。

――そして、2月1日にはメジャーデビューで、しかもいきなり映画主題歌ですが、プレッシャーは感じますか?

いえ、プレッシャーは感じたことなくて、むしろ楽しみで仕方ないです!

――映画にもご出演されていると思いますが、ご自分の演技はどうでしたか?

演技自体も初めてでしたし、最初はどうしていいか分からなくて…。周りの方が本格的に演技をされている方ばかりなので、すごいなあと思いました。でも、本当にその役になりきれたなと思います。

――またやりたいとは思いますか?

そうですね。何でもできることに挑戦していきたいですね!

――では2月1日リリースの「NAI NAI NAI」の聴きどころを教えてください。

これはアップテンポなポップスロックです。映画「傷だらけの悪魔」の主題歌として、プロデューサーと一緒に相談しながら書き下ろした楽曲なので、私らしさがにじみ出ている曲で、映画の最中にも演奏シーンが出てくるので、楽しみにしていただけたらと思います。

自分に好意を持ってくれている男の子に「ないよ!ないよ!あなたはないよ!」って交わしていく感じの曲なんです(笑)。でも、決して突き放す感じではなくて愛情を持ってコミカルに交わしていく、新しい感じのポップスロックですし、ライブでも盛り上がる曲なので、ぜひ注目していただけたらうれしいです。

――メジャーデビューをして、その後の展望は既に考えられていますか?

もちろんもっともっと上に行きたいですし、目指しているものもありますが、今は決まっている目先の一つ一つのライブを楽しみに、大切にしていきたいと思っています。

――MC以外の(笑)、ライブパフォーマンスは、いつも堂々とされていると思いますが、ライブは楽ですか?

何でしょう。出番前にMCで喋っているときとか、ものすごく緊張するんですよ。何かを言葉にするのがへたくそなので…、どう喋ったらみんなに伝わるかなと考えながら喋ると、確実にかんじゃいますね(笑)。

でも、歌っている最中は自分の世界にいて、その世界をみんなも一緒に入って楽しんでほしいな、ということしかライブでは考えていないので、歌っているときは別人みたいになっちゃうのかなと思います。

――では、'16年のライブで印象に残っているライブはありますか?

6月に行った初ワンマンライブと10月の代官山LOOPでのワンマンライブは印象的ですね。Lily’s Blowとして始動して、すぐにワンマンが決まったので、最初は不安しかなかったんです。

こんなに早くワンマンをやるとは思わなかったですし、どうなっちゃうんだろうとすごく不安に思ったんですけど、いろいろな人たちが応援してくださって、先輩のChelsyの方々も応援してくださって、すごく人の温かさというか、大切さが分かってほっこりしました。

――現在プライベートでハマっていることは?

本を読むことやひたすら大通りを黄昏ながらランニングすることにハマっています!

――どんな本を読まれるんですか?

小説やエッセーが多くて、読み始めると止まらないんですよ(笑)。最近ハマったのは、いろいろな偉大な方々の人生について書かれている本です。アインシュタインとか、レディー・ガガさんとかハリウッド俳優さんとかスティーブ・ジョブズなど…、その人たちが送ってきた人生を本で読んで、ただただすごいなあ…と感動しています(笑)。

――そこにいずれはLily's Blowという名も刻まれるわけですね?

そうなったらいいですね(笑)。誰かがそれを読みふけってくれたら…。そうなれるように頑張ります!

――お正月はどこかに行く予定もありますか?

20歳になったので、成人式に出ます! 初めて振り袖を着ます。

――では、せっかくなので成人の誓いをしておきましょうか(笑)。

成人の誓いですか!? いつまでも青春でいたいです。

――ちなみに具体的に青春とは何ですか?

青春とは「夢を持つこと」ですね。いくつになっても夢を持っていたいです。

――その夢とは?

私の夢は…スーパースターになることです(笑)。

――大丈夫ですか? 文字にしたらちょっと痛い感じになりますが(笑)。

人に影響を与えられるようになりたいです。私自身すごく人の影響を受けて育ったので、それは多かれ少なかれ皆さんそうだと思うんですけど。自分の大切な人や自分の曲を聴いてくれる人たちに、いい影響を与えられたらいいなと思っています。

そしてその人が頑張る糧になりたいなと思っていて、私の全力の姿を見て頑張ろうって思ってもらえる存在になりたいです。そうやって影響を与えられたら、私の励みにもなりますので。

――では「Lily's Blowにとって音楽とは?」と聞かれたら、どうお答えしますか?

ありきたりかもしれないですけど、「人生」です。私が歌うことによって、その姿を見て、新しい世界を感じてくれたらいいなと思うし、どこか引っ掛かるところがあればいいなと思っています。

その中で人に伝えたいこととか、これまで学んだこととか、そういうのも皆さんに届けられるように頑張ります!

――最後に新年のあいさつもかねて、ファンの方にメッセージをお願いします。

明けましておめでとうございます! 2月1日にメジャーデビューするLily's Blow・NANAです。映画「傷だらけの悪魔」が2月4日(土)に公開し、主題歌・挿入歌を歌うので、楽しみにしていてください! 

そして今後頑張りますので、ぜひよろしくお願いします。