「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」でコンビを組む笑福亭鶴瓶、志村けん(左から)/(C)テレビ朝日

写真拡大

“お笑い界の2大巨頭”志村けんと笑福亭鶴瓶が旬のゲストを招いて繰り広げる、正月恒例の人気特番「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」(テレビ朝日系)。'98年から始まった同番組は、1月2日(月・祝)の放送で20回目を迎える。

【写真を見る】美女のキスを懸けた英語禁止ボウリングも!/(C)テレビ朝日

「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」は、毎年、正月2日に放送してきた恒例特番。'17年の放送では、番組20回目を記念して“20”にちなんだ「ゲーム大会」を開催。旬の芸人・メイプル超合金とおかずクラブをゲストに迎え、芸歴40年を超える志村、鶴瓶の大御所2人が、体を張ったゲームに挑む。

また、旬の美女をゲストに迎えるトークコーナー「ゲストとまったりトーク」では、注目の女優・二階堂ふみが登場。志村&鶴瓶がアルコール片手にほろ酔い気分でトークを繰り広げる。

そして「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」を語る上で欠かせないのが、人気企画「志村・鶴瓶vsナインティナインの英語禁止ボウリング対決!!」。これはプレー中、一切、英語の使用を禁止し、違反すると1回ごとに罰金1000円を支払うという厳しいルールの下、ナインティナインと志村、鶴瓶がボウリング対決するコーナーだ。

見事ストライクやスペアを取ると美女が登場し、キスが贈られるという仕組みで、両チームはキスのご褒美目当てにゲームに励む。

スタート前のトークで、岡村隆史から「この番組20年になるんですね! 志村さんはタバコもやめられて健康的ですよね!」とたたえられると、志村は「ハイ、20年目に入りました!(体調は)大丈夫です! 退院したその日にガールズバーに行ったぐらいだから(笑)」とニヤリ。

一方の鶴瓶は、'16年11月16日に右足を骨折したと告白。「でも、このボウリングに向けて、2日ぐらい前に(骨が)つながった!」と話し、「急につながるわけない」「もう歩いてるやん! 大丈夫やん!」と総ツッコミを受けるなど、波乱の幕開け。          

この“英語禁止ボウリング”は'01年からスタートし、今回で17回目。これまでの対戦成績は志村&鶴瓶チームが5勝、ナインティナインが11勝となっている。

志村は「勝ち負けじゃないよね、やることに意義がある。だって、俺たちはもう60代だからね、勝とうなんて思ってないよ」と自然体モードだが、鶴瓶は「ことしこそは勝ちたいね!」と闘志を燃やす。

対する矢部浩之は「結婚してから、この番組が楽しみになってきた(笑)。他ではないしね。ここは公認だし(笑)」と、美女たちから甘〜いご褒美をゲットする気満々だ。

意気込みとは裏腹に、両チームはゲーム開始直後から英単語を連発。次々と1000円札が罰金箱に消えていくハメに…、果たして今回の勝負の行方と、美女たちからのご褒美を最も多くゲットするのは?

【志村けんコメント】

2017年でこの番組も20年目に入りましたが、感慨深いというより、トシをくったなぁという感覚ですね! 年に1回、この番組でしか鶴瓶師匠ともナインティナインの2人とも会わないのですから、他にはない特別な存在の番組ですね。

20年も続いてきた秘訣(ひけつ)は、ただアホらしいことを真剣にやってきたからかな(笑)。あとはやはり“英語禁止ボウリング”があるからですかね。若いエキスが欲しいので、毎回もう真剣! 今回もふんだんにいただきますよ(笑)。

2017年の展望ですか? この年になるとやっぱり“健康”ですね! (体調は)大丈夫です! 退院したその日にガールズバーに行ったぐらいだからね(笑)。

これから回を重ねていくうちに、いつかボウリング対決じゃなくなるかもしれませんね!“日本語を使っちゃいけない将棋対決”とかになったりして(笑)。

【笑福亭鶴瓶コメント】

志村さん、ナインティナインと年に一度こうやって組めるのは楽しいですね。タクシーの運転手さんにも、“『志村&鶴瓶のあぶない交遊録』、毎年見てますよ!”と言われますし、この番組の収録予定が入ると、もう1年か、この季節が来たなと思います。

でもこのところ、孫が成長してきましたから、ちょっとどうかなと思うところはありますね(笑)。“英語禁止ボウリング”は若い女の子が出てくるから、どうしてもマジになってしまうんですよ。僕は常に“捨て身”ですから、いいんですけども…(笑)。

2017年は何かをやりたいというより、流れに任せて進んでいきたいですが、志村さんが元気やったら正直、私も頑張るしかないと決めています! 今、志村さんが66歳、私が65歳ですから、この番組もまずは70歳やね!! お互い元気に頑張っていきたいなと思います!