シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』 (c)2016 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

たくさんの注目映画の公開を控える2017年だが、その中でも続編映画の多さが目立つ。日本公開が決まっているものも未定のものも、10作一挙ご紹介!

『John Wick:Chapter 2(原題)』(2017年2月10日全米公開、日本公開日未定)
『ジョン・ウィック』(14)の続編。キアヌ・リーブスが引退した殺し屋として再び見せるアクションに注目が集まっている。

『フィフティ・シェイズ・ダーカー(原題)』(2017年2月10日全米公開、日本公開日未定)
ベストセラー小説を映画化した『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(15)の続編。今作はどんな官能的なシーンがあるだろうか。

『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年4月28日日本公開)
シリーズ8作目。ビン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムらが再集結する上に、シャーリーズ・セロンが悪役として加わる。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.2(原題)』(2017年5月27日日本公開)
『アベンジャーズ』シリーズの最新作にも出演が決まっているクリス・プラット主演。個性あるキャラたちの掛け合いを楽しみにしているファンは多いだろう。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017年7月1日日本公開)
5作目となるシリーズ最新作。“海の死神”キャプテン・サラザールに追われるジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)が“ポセイドンの矛”を探し出す。人気キャラのウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の出演が楽しみ!

『Kingsman:The Golden Circle(原題)』(2017年10月6日全米公開、日本公開日未定)
予想を上回るヒットとなった映画『キングスマン』(14)の続編。ブレイクのきっかけとなった主役タロン・エガートンに加え、チャニング・テイタム、ジュリアン・ムーア、ハル・ベリー、エルトン・ジョンら豪華キャストが新たに参加する。

『ローガン(原題)』(2017年6月日本公開)
ウルヴァリンの映画として最終作となる3作目。ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)とプロフェッサーX(パトリック・スチュワート)はある少女の力を借りて世界を救わなければならない。不老不死とされていたウルヴァリンの運命は!?

『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017年夏日本公開)
『トランスフォーマー』シリーズ実写映画化10年目の記念すべき最新作。監督はおなじみのマイケル・ベイ、主役も引き続きマーク・ウォールバーグ。新キャストとして加わるアンソニー・ホプキンス、ローラ・ハドックらにも注目が集まっている。

『ブレードランナー 2049(原題)』 (2017年11月日本公開)
30年以上の歳月を経た待望の続編。ハリソン・フォードが再び出演、新たにライアン・ゴズリングやロビン・ライトも参加するSF映画。

『スター・ウォーズ/エピソード8』(2017年12月15日日本公開)
前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で女優デイジー・リドリーが演じたヒロイン・レイの物語が続く。監督は『LOOPER/ルーパー』(12)のライアン・ジョンソン、エグゼクティブ・プロデューサーとしてJ・J・エイブラムスも参加。

たくさんの人気シリーズ続編が公開される2017年。見たいものは今のうちにチェックしておこう!