彼氏が本当に嫌がる「許せないワガママ態度」

写真拡大



彼女のワガママであれば、男性は「可愛らしいな」と思ってくれることもあります。

でも、イライラさせてしまうような、彼氏が本当に嫌がるワガママな行動を取ってしまうとマイナスにしかなりません。

ひょんな態度から彼をイラつかせないためにも、彼氏が本当に嫌がる「許せないワガママ」を紹介します。

■1.「機嫌」がコロコロと変わる

「機嫌がすぐにコロコロと変わると、こっちもついて行けなくなってしまいますね」(29歳/男性/営業)

「さっきまで笑っていたのに、急に怒り出したりされると、なんか疲れちゃいます」(30歳/男性/システムエンジニア)

男性は感情の起伏が激しい女性が大の苦手。すぐに怒り出したり、すぐに泣き出したりされると、対応に困ってしまいます。特に、さっきまで楽しそうにしていたのに、急に怒り出したりされると、もう一緒にいても疲れてしまうだけ。精神的にも難がありそうに思われるので、次第に避けられるようになってしまうかも。

■2.いつでも「会いたがる」

「仕事で忙しいのに、『会いたい会いたい』と何度も言われると、さすがにイラッとしちゃいます」(27歳/男性/メーカー)

「会えないことに不満ばかりを言われてしまうと、さすがにゲンナリもしちゃいます」(30歳/男性/公務員)

コレは男性が最も頭を悩ませる女性のワガママ。「会いたいよ」、「いつ会えるの?」、「今から来てよ」。こんなことを言われ続けたら、もう重荷でしかありません。相手の状況を考えずに、自分の思いばかりをぶつけるのは、本当の愛情表現とは言えないでしょう。

■3.自分が悪いのに「逆ギレ」をする

「明らかに自分が悪いくせに、謝るどころか逆ギレされると、本当に腹が立ちますね」(29歳/男性/IT)

「意地を張って逆ギレしている姿を見ると、めんどくさい女だとしか思えなくなりますね」(28歳/男性/保険会社)

悪いことをしてしまったときに、素直に「ごめんなさい」と謝れない人とは信頼関係が築けません。自分の非を認めずに、すねたり怒ったりするのは、面倒ですし全く可愛らしいワガママではありません。いずれ彼氏にも愛想を尽かされてしまいますよ。

■4.他人に厳しく「自分には甘い」

「俺には厳しいことを言うくせに、自分にはものすごく甘いと、一緒にいるのも嫌になります」(27歳/男性/美容師)

「自分にだけは常に甘い女の子って、本当に究極のワガママだと思いますね」(29歳/男性/商社)

いますよね、こういう女性。人には偉そうに厳しく意見をしたりするくせに、とにかく自分にはとても甘く、注意されたりすると怒り出したりする。そんなワガママを、許してくれるような男性はまずいません。「自分のことは棚に上げて…」と納得してはもらえないでしょうし、ただただ反感を買ってしまうだけでしょう。

■おわりに

女性のワガママに、男性は振り回されるもの。でも、度が過ぎたワガママには、男性も「さすがに許せない」と思ってしまうので、彼が優しいうちに程ほどにしておくべきですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)