「一年の計は元旦にあり」ということで、1月1日の掲載としていただきました。年末にご好評を頂いた山手線や山手通りの歴史から日本を見直すシリーズから、今年は始めてみたいと思います。

 年明けの「クイズ初め」として「しながわクイズ」というのを考えてみてください。

 「しながわ」。山手線の駅にも名前があり、古くは東海道の宿場町だった誰もが知る地名ですが、よく考えると「しな川」という名前の川はあまり耳にしません。

 いや実際、東海道北品川宿を訪ねてみれば、古式ゆかしい「しながわはし」が架かった川を見ることになり、真横には荏原神社の赤い太鼓橋も川をまたいでいるのが見えるはずです。

 この神社は明治天皇が京都から「東京」に東遷した際、宮中スタッフが滞在したゆかりある場所であるぞよ、という看板が立っていました。ちなみに明治天皇は北品川本陣に滞在し、現在では「聖跡公園」として整備されている。

 東海道北品川交差点のひとつ南が「聖跡公園」の四つ角にあたります。

 さてはて、品川は確かに川が流れている。でもこの「品川」本当は何という河川が江戸湾に注ぐ場所なのでしょうか?

山手通りと山手線の交点

 山手通りを品川から北上した経験のある方は大崎近辺、ソニーのある辺りですが、そこだけ道がクネクネと頻繁に曲がっているのに気づかれることでしょう。

 一番派手な、ほぼ直角に曲がっているのは大崎駅です。ここで「山手線」と「山手通り」が交差しているんですね。と言うか双方の位置関係が逆になる。

山手線と山手通りの交差する大崎駅。道路は線路を跨いで走り、その道路を空中トンネルが跨いで人が横断する


 それまで、本陣やら北馬場やら、海岸線スタートして川沿いに北上していた道が、ここで山手線の鉄路をまたいで右側に反れ、そこから先は山の側面に沿って、あるいは丘をまたいだり山の上に登ったりして進むようになる。

 まさに「山手通り」と言われるゆえんです。

 そこで山手線をまたぐ直前に、実は山手通りは「しながわ」も渡っているんですね。

 「居木橋」いるぎばし、という目立たない橋で山手通りは「しながわ」を渡りますが、この橋の由来は古く、かつては「ゆるぎ橋」と呼ばれていたそうです。

 揺れたんでしょうか・・・?

かつては「揺るいだ」? 現在はゆるぎない「居木橋」で、山手通りは「しながわ」を渡る


 この橋のたもとにはかつて大崎の鎮守の神様を祭る社があり、たびたび風水害に遭遇したので、地元大崎村の人々が、現在の大崎駅西側に遷して改めてお祀りした・・・。

 これが現在の大崎鎮守・居木神社の起源らしいのですが、「芦原」を「アシ」は「悪し」に通じるとして「吉原」に変えたのと同興のセンスを感じます。

 「ゆるぎ」ない橋にするべく、心棒に木を立てて「いるぎ」とし居木神社を祀って風水害から大崎を守る鎮守として高台にお祭りした・・・。

 だとしたら、なかなかしゃれています。

 「しながわ」と山手線を渡って山手通りをしばらく進むと鉄道の高架が見えてきます。ここは普通の景色に見えて実は重要なポイントです。鉄道線路が山手通りより高い海抜で都内から西に向かって走っているわけです。

 大崎近辺では「山手通り」と言っても実は山の手ではなく、品川の海岸線から「しながわ」と並行して北上している区間は「海岸通り」の延長で低地走行なんですね。

 山手通りは大崎や五反田あたりから、いくつもの高架の下を通ります。池上線、首都高速、目黒線、東横線・・・。百聞は一見にしかずと言うべきで、山手通りが谷筋エリアにある何よりの証拠と言えます。

 その中で、五反田を過ぎて最初の高架線、東急目黒線に注目してみます。目黒始発が地下ホームになりましたが「しながわ」を渡るタイミングで空の下に顔を出し、山手通り上空を通って「不動前」駅に到着します。

地下ホームを出発した東急目黒線は「しながわ」上空を橋で渡り、不動前から先「小山」の中腹に姿を消す。並んで走る目黒不動前「亀の甲橋」今は平たい鉄の橋


 ところが、不動前を過ぎると吸い込まれるように山の中腹、トンネルの中に姿を消してしまうんですね。

 東急目黒線の地下化が完成したのは2006年のことだそうですが、元来の地形は数百年来変わりません。

 山手通りの東急目黒線すぐ北は「かむろ坂下」交差点です。この「かむろ坂」を上ってみましょう。相当急な坂であるのが実感できると思います。

 500メートルほど進むと急な坂が一段落して平坦になる、信号には「小山台一丁目」のプレート、「小山」と「台」ご丁寧に2つも高地を示す言葉が並び、まさにここが武蔵野丘陵の上りばな「山の手」であることがよく分かります。

 さらに300メートルほど進むと「小山台小学校」そして「東京都立小山台高校」などが並び、東急目黒線の次の駅「武蔵小山」に到着します。

 不動前駅の標高は海抜14.1メートル、武蔵小山駅は海抜28.2メートル。武蔵小山は本当に「小山」なのですね。2006年以降、東急目黒線は地下化され、かつて線路が敷設されていたところは緑地になっています。

 地下線路は「武蔵小山」「西小山」「洗足」と続き、環状7号線をやや過ぎてようやく電車は再び地上に姿を現します。駅の名前は「大岡山」。

 西小山駅が海抜23.7メートル、洗足駅が実は一番高くて海抜35メートル、大岡山はそれより大きく下って23メートル。線路が地上に出てくる道理です。この広い丘の台地に広がっているのが、世界に冠たる日本のテクノロジーの最高学府「東京工業大学」ということになります。

 ちなみにこの大岡山の先は「奥沢」が海抜28.9メートル、「田園調布」が33メートルと再び上がったのち、多摩川駅が18メートル、新丸子駅が16メートル、武蔵小杉が14メートル、元住吉は9メートルまで下がります。

 多摩川駅の標高が低いのは多摩川沿いだから。分かりやすいですね。では元住吉は? 

 実は元住吉は「鶴見川」に沿っています。歴史的には高台と高台の間を流れる川の要所が栄えてきました。それを直線で結ぶと台地に新開地ができる。「田園調布に家が建つ」というのはこういう背景であるのがよく分かります。

 ちなみに元住吉駅の隣が日吉で、海抜は30メートルに急上昇します。慶応義塾大学の教養キャンパスがありますが、どうやら「天は人の上に大学キャンパスを作っ」ているようです。

 東急線沿いでは「都立大学」駅が海抜34メートル、「学芸大学」駅は39メートルで沿線でも最も標高が高く、次いで祐天寺が35メートル、田園調布と自由が丘が33メートル。

 学校がかつて「寺子屋」であったことを考え合わせると、歴史的にはどういうものが高台に置かれたていたかが手取るように分かる気がします。

 逆に水辺の川沿いは標高が必然的に低くなる。山手通りも「しながわ」にそって北上している間は、ずっと低地を進みます。ところが、山手通りはもう一度川をまたぎ、その先、川は西に向かって折れ曲がり、自動車道路はまっすぐ丘に向かって上って行きます。

 中目黒で東横線を潜り、左手に東山をかすめつつ「ドンキホーテ」のビルを過ぎて国道246号線を抜けると、品川の浜から川沿いに低地を進んだ山手通りはにわかに大きな坂を上り始めます。

 「松見坂」です。

 この松見坂を上った高台は「駒場」と呼ばれるエリアです。台地で長らく馬を放牧していたから、こんな名前になったのでしょう。

 現在の駒場には東京大学教養学部、かつての旧制第一高等学校をはじめ、学校や大学が集中しています。標高は約31メートル。古くは「駒場農学校」の豊かな試験農園がありました

 学芸大学よりは低いですが、やはり高い場所に学校が設けられているのがよく分かります。

「品川」は「目黒」だった!

 ここから先、いくつか丘と谷を上下しながら山手通りは進んで行きます。

 駒場の三叉路で大きく北に曲がってからは「富ヶ谷」(NHKがあります)→「初台」(新国立劇場)→長者橋(神田川を渡ります)→「中野坂上」(青梅街道)→宮下(大久保通り)→上ノ原(中央線東中野駅)→中井(妙正寺川・落合)→目白台と上下を繰り返して、池袋→中山道板橋仲宿に到達します。

 台地と台地の間には谷あいの川が流れ、橋がかかっている。松見坂から武蔵野丘陵駒場の台地を登る直前にも、大きな橋がかかっていたようすです。

 目黒の「大橋」。

 古くから交通の要衝になっていたに違いありません。

 ここから川は西へ反れ、この川沿いに西向きの放射線の道路が続きます。現在の国道246号線、上には首都高速が走り。そのまま進めば用賀から東名高速につながります。

 古来から交通の要衝であった「しながわ」に入る「目黒大橋」は、現在でも巨大な「大橋ジャンクション」が複数の高速幹線道を、巨大な渦巻きのような形で繋いでいる、これまた21世紀の産物にほかなりません。

 実は現代(あるいは今後将来)敷設されるであろう道路施設も含め、歴史的に考えて地の利に適った場所に設置されることが少なくない。

 治山治水の英知は人類が地球上で暮らすうえで切っても切れないのは、地震や津波、風水害などを見ても間違いありません。

 と、ここまで書いてくれば、地元をご存知の方なら、最初のクイズの答え、ほとんどお気づきかと思います。幾度もその地名も出てきました。

 実は「大橋」から「大崎」方向に流れる川は「目黒川」なんですね。比較的近年になるまで「暴れ川」として地元に水害ももたらしてきましたが、そんな水量の豊富な「目黒川」が「五反田」の田んぼを潤し、「品川」の物流も支えていた。

「しながわ」の正体は目黒川でした。河口、東海寺より大崎方向を望む


 目黒川は「大橋」のすぐ西側、世田谷三宿で北西から流れてきた農業用水「北沢川」と「烏山川」の2つが合流して水量が豊かなのだそうです。川の合流点は池があった様子、今でも「池尻」という地名が残っています。

 北西から流れてきた玉川上水の支流たちは、池尻大橋で真南に向きを変え、豊かな水量の川と並行して山手通りが川べりを走ります。

 古くからのバイパスとしての「低地の山手通り」と並行する、先ほどまで「しながわ」とひらがなで書いていた川はすべて「目黒川」と書くのが、現在なら妥当なものです。

 旧目黒川は「大崎」という名で明らかなように一度岬に到達しつつ、湾岸に中州などを作りながらデコボコと蛇行して南に流れていた。これが天然の船着場となり、西は東海道から、東は江戸市中から人々が往来し、物品も財貨も交換される開けた盛り場となっていった。

 そこで「ゆるぎばし」のかかった「大崎」より先の河口部の川が「しな」をやり取りする「しながわ」と呼ばれるようになっていった・・・。

 真偽は定かでありませんが、どうやらそのような経緯であったらしい。

 このクネクネを体感する方法があります。首都高速環状線は大崎で山手線の下をくぐった後、目黒川の「しながわ」部分下を通っているのです。

 「しながわ」は、わずか1キロ少しの長さでしかないけれど、地下に高速道を抱き、頭上に「山手線」「東海道新幹線」「東海道本線」「京急本線」と4つの鉄道線路を含む多数の橋を担いで、現在でもまさに交通を束ねる要衝となっています。

 さて、品川より上流の「目黒川」ですが、歴史的にはこの川は「こりとり川」と呼ばれていたと伝えられます。

 ・・・こりとり?

 肩こりでも取ってくれるのか、と言うと、そういうご利益もあったかもしれませんが、これは「こり」=「垢」で、「垢取り川」つまり、水で体を清めて、神社仏閣にお参りするのに使ったので「こりとり」だった。

 どこにお参りするためか。「目黒不動尊」なんですね。

 地下トンネルから東急目黒線が表に出てくる「不動前」駅横には、当然ながら山手通りを挟んで目黒川が流れており「亀の甲橋」という古くからある(と思しい)(現在は20世紀の鉄製の平たいものですが)橋がかかっています。

 形は変わっても、今も昔も目黒川は流れ、傍らには品川からのバイパスが走り、人々は亀の甲羅の形をしていたのでしょう、太鼓橋を渡って目黒不動にお参りしていました。

 そこで「しながわ」ルートではなく、インターネットを通じて、新年をことほぎ、皆さんを霊験あらたかな目黒不動前・蛸薬師さまの誌上初詣にご案内しましょう。

 今は地下線路化が進んだ目黒線が不動前駅に人々を運びますが、地誌そのものは数百年の時を隔てて、基本的にそのままの表情で目黒不動を訪れる人々を迎え入れています。

霊験あらたかなたこ薬師さま。目黒不動前


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:伊東 乾