「阿闍梨餅(あじゃりもち)本舗 満月」の「阿闍梨餅」

写真拡大

人気の観光地・京都へ行ったら、帰りは京都駅でおみやげ探し!老若男女に愛される老舗和菓子をGETすれば評価アップ間違いなし!?

【写真を見る】「俵屋吉富(たわらやよしとみ)」の「干支まんじゅう とり」

■ 「阿闍梨餅(あじゃりもち)本舗 満月」の「阿闍梨餅」(1個108円)

「阿闍梨餅」は、全国的に知られ、京都のおみやげとして一、二を争う人気菓子。もち米をベースに砂糖や卵などを練り合わせた皮はしっとり!丹波大納言小豆の粒あんを包んで焼き上げている。

■ 「俵屋吉富(たわらやよしとみ)」の「干支まんじゅう とり」(5個入り1080円)

1755年に創業、江戸時代から続く、京都を代表する和菓子の老舗「俵屋吉富」。2017年の干支、酉を愛らしい姿で表現したまんじゅうは、期間限定販売で年末年始の手みやげにぴったり。桃山製生地の皮の中には、上品な甘さの白こしあんが入っている。

■ 「おたべ」の「こたべ(黒豆あん、栗きんとんあん)」(5個入り378円)

「おたべ」をひと口サイズの食べ切りパックにしたのが「こたべ」。種類ごと、季節ごとに箱のデザインが異なり、集めたくなるかわいさだ。冬は、黒豆あん、栗きんとんあんの他、にっきと抹茶、ショコラの全5種がそろう。

【ウォーカープラス編集部】