1

年末の大掃除で机の周りを整理していると、大量のアニメ雑誌が出てきたので、「そういえば、今年はどんなアニメで盛り上がったのだっただろうか」と、それぞれずらっと並べてみることにしました。

2016年1月号から12月号までを積み上げるとこんな感じ。左が月刊ニュータイプ、右が月刊アニメージュで、それぞれ付録のポスターや小冊子は抜いてあります。こうして重ねてみると、だいたい雑誌としての厚みは同じぐらい。



ニュータイプの背中はこんな感じ。すべて特別定価800円。8月号で水野寛編集長が退任し、9月号から角清人さんが新編集長に就任。



アニメージュはこんな感じ、特別定価950円〜980円でちょっと幅があります。



アニメージュには背表紙があるので並べてみました。1月号と12月号がともに「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の特集でした。



ニュータイプの2016年上半期の表紙はこんな感じで、「傷物語」、「ハイ☆スピード -Free! Starting Days-」、「ファイブスター物語」×2、「文豪ストレイドッグス」、「マクロスΔ」が並びました。2016年3月号から「ファイブスター物語」の連載が再開、4月号では連載開始30周年を迎えて永野護さんのスペシャルQ&Aが掲載されています。



2016年下半期はこんな感じで、「甲鉄城のカバネリ」、「ジョジョの奇妙な冒険」、「君の名は。」、「聲の形」、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」、「文豪ストレイドッグス」。今年はアニメ映画の「当たり年」という印象がありますが、それを象徴するようにアニメ映画が3回表紙を飾りました。



アニメージュの2016年上半期の表紙はこんな感じ。「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」、「おそ松さん」、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」、「おそ松さん」、「銀魂」、「文豪ストレイドッグス」。2016年2月のアニメージュは重版がかかるほどの人気でした。



下半期の表紙は「おそ松さん」、「マクロスΔ」、「美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!」、「アイドリッシュセブン」、「ハイキュー!!」、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」。ニュータイプでは一度も表紙にならなかった「おそ松さん」が年間最多の表紙3回。



なお、第38回アニメグランプリの結果が掲載されているアニメージュ8月号はW表紙で、オモテウラをマクロスΔが占領しています。



両紙でともに表紙を飾った作品は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」「文豪ストレイドッグス」「マクロスΔ」の3作品でした。2017年は、どんな作品が表紙を彩るのでしょうか。