どんなに仲良しカップルでもときに別れの危機がやってくることがあります。この危機を乗り越えるか、決別をむかえるかは二人の気持ち次第。今回は別れを決断する前にしておきたい4つのことをご紹介します。

まずはリラックスできる環境づくりから

別れの危機が迫っていると精神的に不安定になってしまいがち。ただし、気持ちがネガティブであったり精神的に不安定な時期にものごとを決断するのは避けた方が賢明です。別れを決める前にまずは自分のメンタルケアを行うことが先決。身体を動かしたり、読書やスパなどでできるだけ精神がリラックスできる環境づくりを心掛けて。
彼との関係について決断を下すのは精神が安定するまではお預け。リラックスできれば心の底に沈んでいる自分の気持ちを見つ直すことができるはずです。

彼を許せない原因、からの自分探し

「彼の◯◯がイヤだから別れたい」ではなく「なぜ彼の◯◯がイヤなのか」に焦点を変えてみることが大切です。彼のことが許せないのはもしかるすると自分の幼少期や過去の恋愛のトラウマであることもあります。たとえば父親と似た習慣のある彼を許せないのであれば、それはあなたの両親の関係や過去の記憶などが頭のなかでネガティブに働いていることが考えれます。
単にすべてを彼のせいにするのではなく「なぜイヤなのか」を考え、自分自身と向き合うことで不必要な別れは回避することができます。

ポジティブに将来を見据える

なにもかもうまくいかない時期は誰にでもあるもの。そしてそれはカップルのあいだにも起こりうることなのです。今は自分の理想とかけ離れた恋愛関係かもしれませんが、ときに腰を据えてゆっくりと将来設計する時間も必要です。今はすべてが理想と反しているかもしれませんが、それを変えていくのは二人の力量次第。まずはお互いの気持ちを冷静に交換できるコミュニケーションの場をつくることが必要なのかもしれません。

“なんとなく”の関係維持はNG

自分の気持ちに逆らって「なんとなく」彼との関係を維持するのはNG。別れが怖いから、シングルになりたくない、という理由で彼と一緒にいるのか、それとも彼を心から愛しているのか自分自身に問いかけてみることが大切です。
長期間の付き合いで情が移ることがあるかもしれませんが、まずは自分の幸せを第一に考えることが必要です。自分の幸せに彼は必要なのか、不要なのか。焦らずゆっくりと答えを探すことで二人の関係性がみえてくるはずです。