トイレに放置された患者が心肺停止 約1カ月後に死亡

ざっくり言うと

  • 福岡市の病院で8月、トイレに放置された患者が心肺停止の状態で発見された
  • 低血圧のため意識を失ったとみられ、約1カ月後に患者は死亡した
  • 看護助手がトイレに付き添ったが、患者を残したままその場を離れたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング