蔡英文総統

写真拡大

(台北 31日 中央社)総統府は30日、蔡英文総統が来年1月に中米4カ国を歴訪する際、往路に米国のヒューストン、復路にはサンフランシスコを経由すると発表した。

蔡総統の外遊は今年5月の就任以来2度目で、日程は来年1月の7日から15日まで。総統府によると、蔡総統は両都市でそれぞれ1泊する。報道官は米国での滞在中は慣例に従い、現地の華僑との食事会や産業関連の視察を予定していると説明した。

ただ、蔡総統は今月2日にトランプ次期米大統領と電話会談しており、トランプ氏の関係者との接触など、米国での動向に注目が集まっている。これについて蔡総統は31日、メディア陣に対し、通過は通過でしかなく、滞在中の日程は想像されているような厳粛、正式なものではないと語った。

今回の外遊で蔡総統は、中華民国(台湾)と外交関係がある中米のニカラグア、ホンジュラス、グアテマラ、エルサルバドルを訪問する。

(呂欣ケイ、陳偉テイ/編集:杉野浩司)