元気いっぱいなオスのフェネック、テト。室内散歩タイムも実施/アニマルルーム いけもふ

写真拡大

近ごろは動物カフェがオープンラッシュ。インバウンドからの人気も高く、年末年始は動物たちも大忙しの予感!なでたりご飯をあげて、お茶がてら思う存分癒されよう。もちろん写真も撮り放題!

【写真を見る】モモンガはポシェットに入れてなでなで。巣のような居心地のため、安心するそう。写真は6カ月のりんちゃん/アニマルルーム いけもふ

■ アニマルルーム いけもふ

イグアナなどの爬虫類もいる小動物ROOMと、約30羽が住むふくろうROOMを構え、計約50種類の動物たちと会うことができる。購入して連れ帰ることもでき、ふれる際はスタッフが付くので、初めてのアニマルでも安心だ。

■ ふくろうカフェ OZ(オズ)

フクロウとミミズク計10羽がまったり過ごす、森をイメージした癒しカフェ。頭にものせられる125gの子どものほか、親分はなんと3.5kg!狙い目はエサをあげる11:30と20:00。60分のソフトドリンク飲み放題が付くのもうれしい。

■ ハリネズミ専門店 HARRY(ハリー)

オープン以来予約が殺到している、世界初のハリネズミカフェ。カウンターメインの空間で、さまざまなカラーのハリネズミ約30匹とゆったりふれあえる。セルフドリンクが付き、アルコール以外の飲食は持ち込み可。エサは540円で販売。【ウォーカープラス編集部】