いつ見ても素晴らしいビジュアル!
 - (C) 「時をかける少女」製作委員会2006

写真拡大

 『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などで知られる細田守監督の名作アニメーション映画『時をかける少女』。今年7月15日で公開から10年を迎え、夏から東京や名古屋などで行われていたリバイバル上映が、2017年1月1日〜1月6日の6日間限定で東京・シネマート新宿で開催されることが決定。再び東京での上映が実現することになった。

 第30回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞するなど、国内外で多くの賞に輝いた『時をかける少女』は、これまで何度も映像化されてきた筒井康隆の小説を新たな構想で製作した作品。原作から数十年後を舞台に、原作の主人公・芳山和子の姪である高校2年生の紺野真琴をヒロインに据え、時間を飛び越えて過去に戻る力「タイムリープ」を手に入れた真琴がその力を満喫するうちに自分にとってかけがえのない時間に気付くさまを描いている。

 夏に開催された角川シネマ新宿での上映終了後も東京での再映を希望する声が多数寄せられ、その想いに応えて急きょお正月期間でリバイバル上映されることになった。また、今回の上映もこれまでの10周年記念リバイバル上映同様に、細田監督自らが手がけたデジタルニューマスター版で、DCPフォーマットによるデジタル上映となる。(編集部・吉田唯)

上映時間
1月1日〜1月5日 16:40〜
1月6日 19:00〜
上映時間やチケット発売情報などの詳細はシネマート新宿の公式サイトまで。