2016年に米国で最も検索された自動車メーカーのトップ10!

写真拡大

かつて「コピーする」ことを「ゼロックスする」と言っていたように、その機能が動詞になるほど定着しているのがGoogleだ。『ポケモンGO』から、数十年前のテレビドラマに出演していた俳優の名前まで、ありとあらゆるワードがGoogleで検索されている。それらの中から(米国内において)2016年の急上昇検索ワードランキングに入った自動車メーカーの名前トップ10をご紹介しよう。

1位 ホンダ

ホンダは他の全自動車メーカーを打ち負かし、見事にGoogleの「急上昇検索ワードランキング」自動車メーカー部門で1位の座に輝いた。同社のモデルで今年最も検索されたモデルは、2017年型「シビック」であった。

2位 メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツは、全体としてはホンダに次ぐ2位となったが、ドイツ車メーカーの中では最も高い関心を集めた。中でも最も検索されたのは、「Cクラス」の「C300」グレードだ。

3位 テスラ

テスラは、2017年内に発売を控えている新型電気自動車「モデル3」に高い関心が寄せられたこともあり、現在は2車種しか販売していないにも関わらず、Googleで3番目に人気の自動車メーカーとなった。最も検索されたモデルは、前述のモデル3だ。

4位 ランボルギーニ

ランボルギーニの年間の販売台数は、ホンダが1日に販売する台数よりも少ないかもしれないが、このイタリアの有名ブランドが4位となった。最も検索されたのはフラッグシップ・モデルの「アヴェンタドール」だ。

5位 ボルボ

2016年には数々の新型を投入したボルボが、このランキングで5位を獲得。最も検索されたのは新型「XC90」だ。

6位 フォード

フォードは、2016年にGoogleで6番目に関心を集めた自動車メーカーとなった。最も検索されたモデルは、米国だけに範囲を限定すると、やはり「F-150」だったが、全ての国を合わせると「フォーカス」だった。

7位 ジャガー

やはり人々はラグジュアリーカーを検索するのが好きなようで、ジャガーが7位につけた。最も米国内で検索されたジャガーのモデルは「Fタイプ」だった。

8位 ベントレー

8位はフォルクスワーゲン・グループに属する英国の高級車ブランド、ベントレーだ。クロスオーバーやSUVの売れ行きが伸びる中、多くの人が同社初の市販SUV「ベンテイガ」を検索したのは当然のこととして受け取るべきだろう。

9位 マセラティ

マセラティは米国で4車種しか販売していないが、テスラと同様に数台の有名なモデルがあればGoogleで人気のブランドになれることを証明した。米国内で検索数が最も上昇したのは、同社初のSUV「レヴァンテ」、最も検索されたのは「ギブリ」だった。

10位 ロールス・ロイス

10位に入ったのは、ベントレーと同様に今はドイツの自動車メーカー傘下(こちらはBMWグループ)にあるロールス・ロイスだ。最も検索されたのは、今年で現行型の生産が終了した「ファントム」だった。

By Autoblog Staff

翻訳:日本映像翻訳アカデミー