オレンジ、セサミ、インペリアル、スイートバニラ

写真拡大

地ビールメーカーのサンクトガーレン(神奈川県厚木市)は、バレンタイン向けのチョコレート風味ビール4種を2017年1月7日に発売する。

17年の限定品は「セサミチョコレートスタウト」

お菓子のチョコレートではなく、ビールの原料だけでチョコレート風味を引き出した、通称"チョコビール"。ほろ苦いビターチョコのような風味がする高温焙煎の「チョコレート麦芽」を使っている。ダークな茶色やカカオを思わす香ばしい香り、ビターチョコのようなほろ苦さが楽しめるという。

ラインアップは発売12年目を迎える「インペリアルチョコレートスタウト」(648円)、17年の限定品「セサミチョコレートスタウト」(540円)、オレンジの皮も実も使ったマーマレードのような「オレンジチョコレートスタウト」(540円)、A級バニラを溶け込ませて甘くまったりとした「スイートバニラスタウト」(463円)。価格はいずれも税込。

「セサミチョコレートスタウト」は330mlボトル1本に換算すると1万粒のごまを使っており、黒ごまの香ばしく濃厚な風味が味わえる初の和テイストチョコレートだ。