もう、とろけそう…大好きな彼からのキス、そこに込められた思いとは?

写真拡大



大好きな人と交わすキスは、いつでも女の子を幸せな気持ちにしてくれるもの。大切な人にしかしない特別な行為だからこそ、特別な思いが込められているんです。今回は、男性に「どんな気持ちでキスしてるの?」を聞いてみました!

■1.唇が軽く触れる一瞬のキス

「朝、彼女を置いて家を出ると気に“いってきます”の変わりにキスする。あいさつ代わりみたいなもん(笑)」(20代/不動産)

お互いの唇が軽く触れる、一瞬のキス。外出するときや、別れ際にチュッっとするカップルも多いのではないでしょうか?このキスには「楽しいね」「ありがとう」「好きだよ」という意味が込められています。爽やかな気持ちで「好きだなぁ」と感じているときに交わされるキスです。

■2.おでこやほっぺにキス

「彼女の寝顔を見ていて幸せな気分になったときは、口じゃなくておでことかほっぺにそっとキスします。寝顔が可愛くてつい…。(笑)」(20代/IT)

恋人同士だけでなく、親が子どもにすることもある、おでこやほっぺへのキス。このキスは「好き」というよりも「愛しい」という気持ちが込められています。無防備な姿をみて、「愛しくて仕方がない…!」と感じたときに、彼女のおでこやほっぺにキスするそうです。唇よりも、おでこやほっぺは気付かれにくいので、寝ているとときのキスにもぴったりみたいですね。

■3.軽く口を開くロマンチックなキス

「離れがたいときとか、名残おしい気持ちのときには、軽くも深くもない絶妙なキスになる。(笑)」(20代/広告)

口を少しだけ開き、お互いの唇をはむはむし合うロマンチックなキスは、別れ際やしばらく会えないときにすることの多く、「もっとあなたを感じたい」という意味が込められています。「もっと相手のことを知りたい」「もっと愛してほしい」といった相手への欲求を表しているので、キスをすればするほどふたりの距離がぐっと縮まります。

■4.舌を絡めあう濃厚なキス

「ふたりでいちゃいちゃしたいときは、がぶっといっちゃいます(笑)」(20代/メーカー)

4つのなかでも、もっとも濃厚なキスといえば、俗にいうディープキスです。(海外ではフレンチキスと言い表すのだとか)。お互いをまるごと知りたいという情熱的な意味合いをもつキスで「あなたがほしい」「あなたにあげたい」といった気持ちが込められています。感じるままに感情をキスにぶつけちゃいましょう!

■おわりに

いろんな意味のこめられているキスですが、キスは言葉と同じようにストレートに愛情を伝えるコミュニケーションの手段です。相手の気持ちを理解し、自分の気持ちを伝えられるような素敵なキスをたくさんして、ふたりの絆を深めてくださいね。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)